風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

5/16、17北海道 ネイティブアメリカンWS

今年もやってまいりました。
5/16,17に北海道赤井川村でネイティブアメリカンの知恵と技を学ぶワークショップを行います。

この時期の北海道は、新緑が萌える本当に美しい季節です。
毎回、本州からの参加者もたくさんいらっしゃいます。

地球に生きる喜びを再発見したい方はぜひいらしてください!

以下、主催者珠帆美汐(たまほみしお)さんのサイトから転載
http://tamaho.seesaa.net/article/115441249.html?1236695036



ネイティブアメリカンの自然と共生する智恵体験講座
~内なる宇宙と外なる宇宙をつなげる~ 第3回


2008年5月と9月に行い、大きな感動の嵐を巻き起こした
「ネイティブアメリカンの智恵体験講座一泊二日ワークショップ」、
継続開催を求める声が多く、第三回を企画いたしました。

今回は、ネイティブアメリカンの食文化も体験してみよう、と、
ネイティブのパン、バナックを作って食べてみる、という新企画も行います!

再受講価格も設定いたしました。
ぜひ、二度目三度目の参加もお待ちしております!

ネイティブアメリカンの自然と共生する智恵体験講座
一泊二日ワークショップ


内なる宇宙と外なる宇宙をつなげる
   ~ネイティブの知恵をベースに~ 


 地球の美しさを楽しんでいますか?
 人生の豊かさを味わっていますか?

 現代社会に生きる私たちは、日々をこなすことで心を亡くしがちです。

 街での生活は人とのつながり、地球生命圏とのつながりを見失わせ、
 知らず知らずのうちに、自分や地球を傷つける結果にも結びつきます。

 アパッチインディアンにとっては、
 天体の運行が、木々のせせらぎが、動物たちの足跡が、
 すべて日々の生活の一部であり、自分が地球に属する証でもありました。

 このワークショップではネイティブアメリカンの技術と知恵をたよりに
 この地球に生きることをより深く味わう道の第一歩を学びます。

 それは、現代の街に暮らす私たちにとっても
 地球生命圏とのつながり、自分自身とのつながりを回復し、
 今ここに生きることの喜びを見いだすヒントになるでしょう。


【内容】
 森の中での自然に溶け込む歩き方
 自分の感覚を最大限に開く方法
 生き残りのための優先順位
 実践!火の誕生から死までを世話する
 大地の恵みを味わう~ネイティブと食
 大地に抱かれて眠る~シェルターづくりの基礎
 足跡から全てを見抜く「トラッキング」の基礎
 人生に起こるサインの読み取り方についての基本的なスキル
 森と、自分のこころのさざ波に耳を傾ける瞑想
 人間が大地に生きる意味
 現代の日常をどのように丁寧に生きるか

 ラブフルート(インディアンフルート)を使って・・・
  こころを自由に羽ばたかせ、「自分だけの音」に出会う
  ありのままの自分で、ありのままの相手に出会う
 ラブフルート・ミニコンサート
  ※(byブルーレイバンクリエーション SHO)

 今回はネイティブアメリカンのパン、「バナック」を作って食べます!



■日時:2009年5月16日(土)11時集合(この日の昼食のみご持参ください)
       5月17日(日)15時解散  一泊二日ワークショップ

■会場:「森のテラス 」
     サイトhttp://www.eco-vlg.com/
     地図http://eco-vlg.com/access.html

 ※自家用車利用の場合:札幌より 札樽自動車道 朝里インターチェンジ下車
   →R393で赤井川村方面、
  もしくはR5より道道余市赤井川線にて札幌-赤井川村約80分(札樽自動車道)

 ※送迎利用の場合:JR小樽駅に集合ください。実費にて送迎を用意します。 
 (二千円程度の予定)

◎天然温泉の大浴場のある宿泊施設です!
◎今回、自炊です(^^)自炊班スタッフが温かい手料理をお出しします!
 自炊になったぶん宿泊費が下がったため、参加費が前回より多少割安に。

■参加費:35500円(再受講価格 20000円)
     ※早期申し込み割引
     4月16日までにお申し込みの方は33500円 (再受講 18500円)
小学生以下半額、5才以上参加可(実費にて託児もご用意できます、ご相談ください)、中学生5000円引き  

■申込期限:5月11日(月)まで

■定員:15名(最小催行人数5名)



■お申し込み方法 メール asahioka@★hotmail.com (珠帆美汐)
 (上記メールアドレスから★を除いてご使用ください)

メールの件名を「ネイティブアメリカンWS初級 申込み」とした上で、下記の項目
をお知らせください。
================================================
◎サバイバル技術体験講座初級に申し込みます。
お名前:
メールアドレス:
住所:
携帯電話番号:
固定電話番号:
送迎の必要の有無:
生年月日(傷害保険の加入のために必要です):
性別:
何を見て知りましたか:
宿泊に関して、洋室・和室のご希望はありますか:
緊急連絡先(お電話番号とお名前をお願いします):
================================================


【参考図書】
 トム・ブラウン Jr.の書籍「 グランドファーザー」「ヴィジョン」
 「トラッカー」など
 フォレスト・カーター「リトルトリー」
 ドン・ミゲル・ルイスの書籍「四つの約束」「パラダイス・リゲイン」など


【参考URL】
前回のセミナー参加者のご感想
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-31.html

・「世界が鮮やかに立ち現れる」
http://tamahomishio.blog69.fc2.com/blog-entry-235.html

・「炎は生きている。火種は生まれたばかりの炎の赤ちゃん」
http://tamahomishio.blog69.fc2.com/blog-entry-233.html

・「内なる宇宙と外なる宇宙がつながりました」
http://tamahomishio.blog69.fc2.com/blog-entry-232.html
    
ふたこによる関連記事
ネイティブの「大地に抱かれて眠る技術」
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-4.html

「自然の中で炎と水を手に入れる」
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-14.html



■ラブフルート演奏、ワークショップ
ブルーレイバンクリエーション小野昭一
H P http://www1.ocn.ne.jp/~raven444/
ブログ http://blue.ap.teacup.com/ravensho
ライブ情報 http://love-flute.blogspot.com/

木と心が触れ合う時
何故こんなに美しい響きが生まれるのだろう

それが愛の笛と呼ばれていることも知らず
初めて吹いた夜、気がつけば空が白んでいました

その響きに包まれていた時間は優しさに満ちていました...
その時初めて心がどこにあるかを感じた様な気がします

夢に導かれ、ワタリガラスから届けられたラブフルート

そのラブフルートを吹き、インディアンドラムを叩くユニット「ブルーレイバン」
ラブフルートを作る「ラブフルート工房」
ラブフルートのワークショップやラウンドレッスンをしながら旅を続けています


■用意するもの:アウトドアに向いた服装、雨具、防寒具、ノート、水、
カメラ、着替え、虫除けスプレー、常備薬、ナイフ(※)など。
各自野外活動に必要と思われるもの。



■備考 ※持ち物 「ナイフ」について。

ナイフについてのお問い合わせを頂くことが多いので、
以下、おすすめのナイフの特徴を書きます。

・二つ折りでなくでサヤに収まっているもの
・柄(握るところ)全体に刃の金属が貫通しているもの
・カーボンスチール(炭素鋼)製(ステンレス製も可。切れ味に劣るがさびにくい。)
・自分の手に収まりがいいサイズ
・愛着の持てる外見

刃や柄の素材や形状、グリップ感、装飾等々によって
数千円から数万円と、値段の幅が非常に広いです。
まずは少しはじめてみるということであれば、
数千円程度のもので充分いいものがあります。
是非ご自分で見て選んでみてください。

参考になりそうな販売サイト
http://shop.native-earth.org/tools.php?show=tools_knives
http://search2.naturum.co.jp/?q=%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95&c=330&s1=

もし選べないという場合は、5月6日までにご連絡頂ければ、
5、6千円までの予算で最低限の要件を満たしているものを代理購入いたします。
その場合、返品ができませんのでご注意ください。



◎2008年5月24日-25日の第一回サバイバル合宿主催の、
珠帆美汐さんからの推薦文。


あまりにもたくさんのことを学んだ、私にとってエポックメイキングな二日間でした。
大きな大きなターニングポイントとなりました。

なんていうか、

   「目指していたのは、ここじゃないか!!」

という衝撃を受けたのです。

なにゆえ、私は心理学やコーチングやコミュニケーション術を学び続けるのか。
なにゆえ、私はセミナーや講座やワークショップを受け続けるのか。
なにゆえ、私は各種セラピー、各種ヒーリングなどのインナーワークに取り組み続けるのか。

どこに行き着きたいのか。
どこを目指して歩き続けているのか。

その答えを見つけました。
その「目的地」がそこにはありました。

本の中にも、かでる2・7の中にもエルプラザの中にもちえりあの中にもありませんでした。

(かでる2・7、エルプラザ、ちえりあ、というのは、札幌の主な貸し会議室です。多くのセミナーはそれらの施設で行われます)

"天と地の間"にありました。

大地の上にありました。

木漏れ日の中にありました。

風の中に。太陽の下に。落ち葉の上に。

私の身体の中に。

人の肉体の中に。

地球の上にありました。


地球のいのちといのちの間に満ちていました。


有名な寺山修司の言葉に「書を捨てよ、町へ出よう」というのがありますが。
私は「知識はもう十分だ、大地に立とう」と言いたい。


なにゆえ、私は心理学を学び続け、セミナーを受け続け、セラピーを受け続けていたのか。


「私は生きていてもよい」という実感を得るためでした。
「私は存在を受け入れられ、許されている」と感じるためでした。
「生きている喜び」を感じられるようになるためでした。

その実感を、私はとうとうあの日、空の下、大地の上、木漏れ日の下、風の中、身体の中、肉体の内に見いだすことができたのです。

目的地は、実感は、本の中にも、かでる2・7の中にもエルプラザの中にもちえりあの中にも見つけられるものではありませんでした。

たくさんの知識と情報とスキルと学びは、その目的地に至るための手段にすぎませんでした。

  ※目的地ではなく手段であった、というだけで、もちろん手段としては非常に有効なものですよ!


しかし、私は、日頃から山奥の村に住んでいます。
毎日、あの空気を吸い、あの大地の上を歩いています。
でも、全然つながることができなかった。

あの日、あの場で、いったい何が起こったのでしょうか。

私が世界とつながるためには、いったい何が必要だったのでしょう。


その答えは、きっと「覚醒した先人たちの叡智」なんでしょうね。


ネイティブアメリカンの叡智。

その叡智の魔法が、私を目的地に導いてくれました。

その叡智の魔法のおかげで、私の中のプラグが、世界のコンセントにプチプチと音を立てて次々につながりました。

自分が世界から受け入れられ、愛されていることを実感しました。

生きる喜びが全身に流れ込んできました。

だからこそ、写真があれほどまでに幸せそうで満ち足りているのでしょうね・・・


そんな感動的な講座、あまりに評判が良く、「再度の開催」を望む声が大きいのでもう一度行うことになりました。

前回とほぼ同じ内容です。
あなたも自分の「目的地」に到達することができるかもしれません。
あなたも生きる喜びとつながれるかもしれません。
答えは、会議室の中では見つけられないかもそれません。
事件は、現場で起こっているのかもしれませんw
ぜひ、参加してみてください。
スポンサーサイト
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<(おすすめ?)褒められたい? | 風使いの小屋 ブログ版 | (日記)インナーヴィジョンともの探し>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。