風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

可能性を広げる質問の技術

(地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座関連記事です)

カウンセリングの質を大きく左右することの一つは質問の技術です。
今日はそのことについて考えてみることにします。

ちなみに「地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座」でこのことを取り上げる回があるのですが、基本原則を身に付けるだけでみなさん、とても上手に相手の可能性を引き出すことができるようになって、僕のほうが驚いてしまいました・・・。


****
原則1.カウンセラーからの発話は質問をベースに。

私たちは誰かが困っているという話をするのを聞くと、こうしたらいいんじゃないですか、と解決方法を話したくなります。

あるいは、あなたのここが問題なんじゃないですか、などという、自分なりの状況理解を話したくなります。

それはそれで、別に悪いことではありません。
ただ、自分の中から出てきた答えにこそ人は従います。

ということで、カウンセリングの効果を最大化しようと思ったら、もう少し工夫するほうが得策です。

たとえば、自分で気づけるように質問を投げかけるなら、
こちらの状況理解や解決法の案を話す以上に
相手にとって意味のある気づきに繋がります。

****

ではどんなふうに聴いていったらいいのでしょう。

例を使って考えてみます。
Aがクライエントさん、Bがカウンセラーです。

A1: あの人は私の言うことなんか全然聞いていないんですよ。返事もない。
B1: そういうときにはどうするんですか?
A2: もういいやと思って、黙ってしまいます。
B2: そうするとどうなりますか?
A3: それ以上会話はありません。
  そして思い出した頃にまた同じことの繰り返しになります。
B3: そうすると、その方法は上手くいっていないということでしょうか。
A4: そうですね、別のやり方が必要なんだと思います。
B4: 上手くいく時というのもあるんでしょうか。
A5: そういえば以前、これは大事なことだからちゃんと聞いて、と
  お願いしたら、そのときはけっこう聞いてくれました。
B5: なるほど。そうなると分かっていたらどうします。
A6: もちろん、また同じようにいうと思います。
  ・・・、そうか、そうしたらいいんですね。

まず、いつ何をしたらいいか、というと、カウンセリングには唯一つの正解というものはありません。

でも押さえておくといいポイントというものは存在します。

****
原則2.気持ちと行動とその結果をつなげる

はじめにクライエントさんは自分の不満を語っています。
不満を感じたときにはどうするのですか、とB1で聴いています。
これは、不満な状況に対する本人なりの対処方法に意識の光を当てる作業です。これがまず有効。

それに対して「黙る」ということをしていると回答がありました。
そこで次に「黙ったらどうなるか」という具合に、「対処法を行なった結果」について尋ねています。

そうやってみて、何が起こりましたかと。
ご自身がどんな気持ちになったか、とか、相手の反応はどうであったか、などです。


気持ちを感じた→対処法の行動をとった→結果はこうなった

という一連のパターン、サイクルに意識をむけるわけです。


ここで一つの分岐点にたどり着きます。
対処方法が上手く機能しているかどうか、がわかるからです。

上手く機能しているなら、それをもっとしたらいいし、
上手く機能してないなら、別の対処法が必要になりますよね。

この例では上手く機能していないということが分かりました。
いうなれば、「黙る」という対処法を、意識的に選択したというよりは、反応としてそうしちゃったということでしょう。その結果、「いつものパターン」として繰り返されることになっています。

(B3は機能していないことをはっきり意識してもらうための介入です。)

こんなふうに、気持ちと行動とその結果をつなげる、という質問が、その人の普段のパターンを意識し、次なる可能性の土台をつくるわけです。


****
原則3.上手くいっていないときには新たな可能性を探る

B4からは、これまでの方法が上手く機能していないということを踏まえて新たな可能性を探っています。

例外的に上手くいったのはどんなときか。
上手くやれている人はどんなふうにやっているか。
どんなふうにするなら、その人らしく選択できているか。

そうしたことを尋ねることで、もっと機能する行動・振る舞いのレパートリーを獲得するようサポートしていきます。

その新たな行動・振る舞いのレパートリーは、取り入れ易いものであるほうが変化に繋がります。

あまりにも抵抗の大きいものをもってきて、「はい、ではやってみてください」といっても、それはなかなかできません。

ここでは「例外的に上手くいったのはどんなときか」を尋ねています。すでにやったことがある分、抵抗感も少なく取り入れられる可能性があるからです。

ここではその方法が、クライエントさん自身の中から出てきました。
自分で発見した感を多少なりとも持てるはずです。

そういうものであるほど、今後試してみる可能性は高まります。


「上手くいかない」と語る人を前にして、
みなさんはどんな受け答えをしていますか。



もっと深く学んでみたい人は・・・
地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座 
第4期 2013年4月より ただいま受講生募集中
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-363.html





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋

・カウンセリング/コンサルティングのお申し込み
こちら http://ws.formzu.net/fgen/S70455723/

詳細はそれぞれこちら
カウンセリング http://www.geocities.jp/processworkwf/sessions/
コンサルティング http://www.geocities.jp/processworkwf/consultation/



今後の予定

・12/13、27、1/10(全て火曜日夜) 
 ビジネスパーソンのための 実践プロセスワーク講座
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-317.html

・2012年2月11&12日 森のハーモニー
 大地の懐に抱かれて眠る
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-318.html

・2/22(水)夜
 「本当の」アファメーションの作り方

・地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座 次期は来年春より
スポンサーサイト
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<今年一年を振り返って。描いた通りの夢が実現していました。 | 風使いの小屋 ブログ版 | 2/11&12究極の自由、冬の森で快適に一晩過ごすワザ「大地の懐に抱かれて眠る」 (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。