風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ネイティブの智恵と技を伝える(後編)

ネイティブの智恵と技を伝える(後編)です。前編はこちら

 さて、2日目は朝から雨。ユミギリ式の火起こしから始める予定でしたが、順番を変更してまずは夜見る夢についてのレクチャーを行ないました。今日のスケジュールもけっこう大忙しなのです。まずは夢の話。


 私達が夜見る夢は、人生を生きていく上で有用なガイドになります。夢が伝えていることには、どんなパターンがあるのか、言い換えれば夢のメッセージにはどんな種類があるのかということからレクチャーし、その種類ごとに読み解き方を簡単に解説しました。夢についてセミナーを行なうとなると、それだけでシリーズ物ができてしまうほど奥深い世界があるわけですが、今回はそのほんの入り口を体験。だったのですが、レクチャーの最中にご自身が見た夢の深い意味に気づき、涙される方もいらっしゃいました。今回の参加者の皆さんは、本当に受け取る力がすばらしかったのです。

 さて続いて夢とならぶ、直観という、もうひとつの大きなガイドについてのレクチャー。直観を磨くために感情をコントロールする具体的なスキルなどを学びます。感情をコントロールするとも言えるし、物事をあるがままに見て承認するということでもあります。そのとき感情はぶれなくなり、またシンクロニシティを的確に拾えるようになります。これはことばの使い方講座としてお伝えしてきたことと重なる部分です。

Akaigawa080.jpg やがて雨が上がったので、午前中の後半はついにユミギリ式火起こしを参加者の皆さんに体験して頂きました!東京から持参したり、現地で調達した材料で空き時間に作ったりした火起こし道具3組を使って、3チームに別れて取り組みました。基本的な原理は昨日のデモンストレーションでお伝えしてあります。今日は皆で智恵を出し合って、その原理を現実世界に落とし込むという作業です。

Akaigawa085.jpg 弓の張り加減など道具の事情と、的確なストロークなどフォームの事情をお伝えしました。小雨が降る瞬間もあるという悪条件だったこともあり、火をつけることができたのは残念ながら1人だけという結果でした。しかし、火の大切さを実感したり、火を起こせた方はまったくアウトドアのバックグラウンドのない方で、こうしたことからも大きな学びがあったのではないでしょうか。

 お昼ごはんのあと、参加者の一人が焼いて来てくれたシフォンケーキを頂きました。これが絶品。

 午後はトラッキングの基礎についてお伝えしました。急ぎ方ごとの典型的な足跡のパターン、動物ごとのフットプリントの特徴などをまず講義。これだけで、足跡を見る楽しみができます。ウサギの足跡などは、一度知ってしまえば誰でも見分けられるものなのです。さらに次回の予告編ともなるプレッシャーリリースの基礎をお伝えしました。

 プレッシャーリリースとは、足の裏のプレッシャーがかかって、それが離れた(リリース)時に残る物理現象で、「大地が足跡をどう感じ取ったか」の記録と言われています。アパッチインディアン、とくにグランドファーザーのいたリパン・アパッチはここから4500通りもの情報を読み取ったといいます。今回のレクチャーでは、立って足の裏に意識を向け、さまざまなアクションによってそれがどう変化するかを感じ取るということをしました。

WANEH08.jpg そして解散前、皆さんに一つ、物語を聞いて頂きました。トラッカースクールに関係する話の中でもとりわけ好きな話で、狩猟採取民族~つまり一見、大地から恵みを受け取る一方である彼らが、搾取するだけの存在になることをどのようにして回避し、大地と調和し、より豊な自然を子孫達に残してきたか、ということにまつわる物語です。

 この物語はおそらく形を変えながらもずっと語り継がれてきたもので、今回話したものも、トム・ブラウン氏がグランドファーザーから聞いた話。そしてその話は、グランドファーザーがその曽祖父であるコヨーテ・サンダーから聞いた話をベースにしています。

 話し終わった後で参加者の一人が、「途中、物語の中で語って聞かせる場面では、二子さんの声の他にもう一つ別の声が重なって聞こえていた」とおっしゃっていました。それを聞いて、改めて、今回のセミナーをするにあたってこの場にいる人たちと同時に、この場にいない多くの存在にも支えられ守られていたのだということを感じました。


 あっという間の二日間でしたが、本当に多くのものを受け取って頂けたのがみなさんの様子からよくわかりました。そのことはまた、僕自身を支えてもくれるのでした。そして、今後はもっとこうしたことを伝えていこう、と決心することになり、その意味で僕の人生を変えた体験でもあったようです。ほんとうにどうもありがとうございました!!

Akaigawa090.jpg

スポンサーサイト
別窓 | 受講者の声 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6/29関西での個人セッション | 風使いの小屋 ブログ版 | ネイティブの智恵と技を伝える(前編)>>

この記事のコメント

 確か前回も、同じタイトルを書きました。

 本当に、羨ましい限りです。

 風の声を聞きながら、ウィスキーを飲みましょう。
2008-06-02 Mon 22:27 | URL | 風の声を聞く男 #-[ 内容変更] | top↑
 この写真が素敵な二日間を象徴しているようですね~
それぞれがじっくりゆっくり自分自身の道を歩んでいるんですね。
これからも、いっぱいいっぱい素敵な出会いの旅が続くと思いますが、
たまには、おすそわけお願いします。ありがとうございました!
2008-06-03 Tue 01:12 | URL | SHO #-[ 内容変更] | top↑
いいでしょ~。
ホント、すごくよかったんですよ。
またウィスキーいただきに行きます。
2008-06-03 Tue 16:38 | URL | 風使い #-[ 内容変更] | top↑
今回はほんとうにいろいろとお世話になりました。
どうもありがとうございました。

そうですね、みなさん、それぞれの道を行くのですね。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
東京にも今年中にはお招きしたいです。
2008-06-03 Tue 16:40 | URL | 風使い #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。