風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(日記)原発について、今思うこと1

(2011年03月16日のMixi日記より転載、一部改変)

ふたこ@東京です。

原発のこと、みなさんとても心配されていると思います。
僕も今、最大の危機感を持っているのは福島の原発のこと。
そして2番目に、静岡で稼働中の浜岡原発のこと。

ちょっと原発関係について書いてみます。

目次
1.原発関連ニュースの読み方
2.原発と僕たちの未来について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕は原子力関係は専門外だけれど元科学者なので、まず原発関連ニュースのリテラシーについてちょっと整理しようと思います。僕が自分自身の対策のために考えていること、家族のために語ることと同じような内容です。

一番はじめに。
東京にいる限り、原発の被害はかなり限定的になると今の僕は思っています。
だから僕は東京を離れることは、短期的にはまずないでしょう。

それでは原発基礎知識から。

原発というのは、原子力で巨大なエネルギーを起こして、その熱で水を湧かして、蒸気でタービンを回す、というものです。

原子力を生み出す核分裂反応を起こすのは、準備さえ整えば実はとても簡単で、ある一定以上の大きさの塊にするだけです。そうなったら勝手にどんどん反応が進んで、ものすごいエネルギーが発生します(臨界反応)。

原発を停止するには、ちょっと長いプロセスが必要です。
まず、核分裂反応については、その大きな塊を小分けにしちゃえば停止します。
ただ、核反応を停止しても余熱がかなりあります。
あつあつになっている燃料のある原子炉に水を循環させて、それを安全な温度まで低下させる必要があります。

うまく循環させないと水が沸騰して圧力が高まって破裂する危険があります。
じゃあ空気抜いたらいいかというと、それだと放射性物質もいっしょに抜け出てしまいます。

ほんとうに安全と言えるまでには、数ヶ月単位の時間が必要といわれています。ひとまずたぶん安全、と言えるのは水が沸騰する100度よりも下がった状態を維持できること。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つぎに、今起こっていることについて。

核反応はすでに停止済み。だからすぐにでも核爆発が起こるとか、そういう危険は現時点ではありません。

今は冷却プロセスでの不具合です。
水を循環させる緊急用自動システムが作動しなかったので(実はその危険は何年も指摘されていたことだけど)、手動でどうにかしようとしています。

で、うまく水が入らなかったり、水蒸気のガス圧をうまくコントロールできなかったり、途中で出てきた水素ガスを逃せなかったりしているというわけです。

水素ガスについては、福島第1の1、3号機でそのあと爆発という事態になりました。ただこれは原子炉本体の内容物が吹き飛ぶようなこととは違います。

今、必死で行っているのは冷却水の注入。
これがうまくいかないと、燃料の余熱がとれず最悪の場合、燃料が溶けてしまいます。燃料が溶けると何がまずいかというと、こういうこと。
最初にいったように、ある一定の塊になるとまた核分裂反応が始まってしまうのです。溶けて容器の底にたまっちゃうと、その可能性が出てくる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今後の起こりうる事態について。

一番最悪なのは、そうした核分裂反応が抑えられず、原子炉が破壊されて、中の放射性物質が大気中にばらまかれるということです。そうなる可能性は、残念ながら現状ではそれなりにあります。

でもそうならない可能性は、もちろんかなりあります。
それでも小規模な水素ガス爆発や火災などによって、それなりに放射性物質が大気中にばらまかれる可能性もあります。

ここで、被爆には二種類あって、レントゲンみたいに放射線を直接浴びるのが一つと、放射性物質を空気や食物経由で体内に取り込んでしまって、しばらく体内で被爆し続けるケース。

東京付近にいる人にとっては、後者の可能性が大きなリスクです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

報道で何を聴き取ったらいいか、何を無視していいか。

僕が無視していいと思っているものは(事実上無視してるのは)、
・放射能がどこで何倍になった、というもの
 素人がそれを元に判断できることはほとんどありません。(注1)
・海外の誰それがこういった、というもの
 全然信憑性のない発言も残念ながらたくさんあります。
・自分が理解できない話。
 安全です、危険です、という話の根拠が、僕にとって
 理解できないものだったら、一喜一憂してもしょうがないです。

 こういう情報ばかりのメディアは見ない方がましです。


僕が注視していること
・冷却作業がうまく進んでいるか
 →ちゃんとすすめば、それで済みます。ここが一番のポイント。
・「格納容器(原子炉本体)」がどのくらい損傷したか
 →大きく損傷したら放射性物質が大量に大気中に出てきます
・「臨界反応」がまた起こったか(再臨界)
 「格納容器」の損傷に直結します

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リスク回避のために。

現時点では東京で出歩くのは全然問題ありません。

今後、大事故になる可能性があるので、中部以西に避難しておくというのは、それなりに合理性はあります。ただ、僕が想像できる最悪な状況でも、東京にいて外出もできないような状況は数日で収まると思っています。また全国に原発があるし、全国で地震があるので僕は人のつながりがあるここにいる方がメリット大きいと思ってます。

これまで書いたように原子炉本体の損傷が致命的なものになって、大量の放射性物質が定常的にばらまかれたら、次の点に注意です。

・東京付近にいる人は、冷静さを保ってください。
 その場面でやけくそになったり、本能的な瞬発力に任せた方が
 いい理由はほとんどありません。

・呼吸、食物から放射性物質を取り込む、ということを避ける。
 短期的には、できるだけ家から出ない。外出時はマスク着用。
 長期的には、水や食料に注意。

・放射線障害をさける方法をどんどん取り入れる
 有名なのは海草類(こんぶ、わかめ)をとるということです。
 放射性物質の中には、ヨウ素というものがあります。
 ヨウ素には、放射性のヨウ素と、そうでない通常のヨウ素がある。
 僕らは体内にヨウ素を取り込むと甲状腺に蓄えますが、
 その量には上限があります。
 通常のヨウ素は海草類に多く含まれていて、それを食べておけば、
 体内のヨウ素の席は先にそれで埋まってしまうわけです。

 その他にも、信憑性は定かでないけれど、
 玄米、味噌、塩をとっていた人のなかには、
 広島でほとんど障害が出なかった人たちもいる、という話も聞きます。
 それで済むならそうしましょう。

・信頼できる人とつながり続ける。
 信頼される振る舞いをこころがけ続ける。
 
・自分のこころと、自分の生活を大切にする


その2につづく。


(あからさまな間違いなど発見した際は、是非ご指摘ください。
 転載などもOKですが、この手の情報は元の情報(このページ)が
 わからないとおかしな広がり方もしかねないので、ご注意ください)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
注1 ご質問があったので、ちょっと補足します。

まずたとえば10倍って聞いただけだと、すごく多そうだけれど実際はほとんど関係ないし、○○ ミリシーベルトとかいっても、それが積算の量なのか、毎時、など単位時間あたりの量なのか、単位時間の量だとして、それがどのくらいの時間続いたのか、そういうことがきちんとわからないと何の意味もない。
さらにそれがわかっても、放射線障害が深刻になるのがどのくらいの値からなのかという知識も持っていないと意味がない。

そういうところがはっきりわかる報道って、ごく限られていると思うのです。

なので、

「この状況に何時間いたら、こういうことになります」

というようなものでない限り、放射能がどのくらいだとか、何倍になったとかいう情報だけでは、僕にとってはほとんど役に立たないなと感じているんですね。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋 今後の予定

・2011年3月21日(月・祝) ネイティブアメリカンワークショップ in 三浦
 貴重な生態系が保全されている小網代の森で生きる力を取り戻しましょう!
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-261.html

・2011年4月3日(日)
 風使いの小屋の予定ではありませんが、所属するアマチュアオーケストラ
 アイノラ交響楽団第8回定期演奏会
 http://www.ainola.jp/
 シベリウス作曲交響曲第2番ほか。
 チケット安くお譲りできます。

・2011年4月頃
 ・コミュニケーションミニセミナー&カウンセラー養成講座説明会
 ・ネイティブアメリカンの世界観に触れる ショートセミナー

・2011年5月頃 幸せな社会を作る対話の会 with 天野敦之さん
 この大変化の時代を大きなチャレンジと受け止め、取り組む仲間と出会いませんか?
前回分)http://ameblo.jp/amanoatsushi/entry-10711306362.html

・2011年6月18日~21日 知床、釧路を巡るセミナーツアー

・5月くらいから 地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座(仮)
スポンサーサイト
別窓 | 大地に生きる | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<(日記)原発について、今思うこと2 | 風使いの小屋 ブログ版 | (日記)僕だからできることはなんだろう?>>

この記事のコメント

枝野官房長官の会見で「ただちに健康に害をおよばさない量」っていう言い方、
ちょっと、誤魔化されている気がしてならないです。
2011-03-22 Tue 19:17 | URL | 白い歯大好き #Ylf3hgB6[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
2011-03-29 Tue 12:11 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。