風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カウンセラーにとってスピリチュアリティの知識はなぜ必要なのか(もしくは聴くワザについて)

前回の続きらしきものです。

カウンセラーにとってスピリチュアリティの知識はなぜ必要か。
なぜだと思います?

さてここで、「いやいや、スピリチュアリティの知識が必要だという前提で話をはじめちゃっていいの?」と思ったあなたはなかなか素敵です。僕もそう思うと思います。

カウンセラーにとってスピリチュアリティの知識が必要かどうか、というと、心理学の知識が必要かどうか以上に議論の余地があるので、やはりこういう時にも質問を変えてみるといいと思います。

「カウンセラーさん、スピリチュアリティの知識が役立ったのはどういうときですか?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で、ここまで引っ張っておいてなんですが、今回はこの問いの答に直接踏み込まずにこの質問の型式について考えてみます。

この二つの質問は、カウンセラーにとってとても大きな違いがあるんです。
もう少しいうと、聞く技術に関する大きな違い。
どんなことだと思いますか?


カウンセリングにおいて、聴く技術というのがとっても重要だというのは、たぶんあまり議論の余地はないと思います。僕は。

(こちらも参考に
「カウンセリングでうまくいくとき、そこで働いている要因はなにか。」
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-264.html

聴く技術の中でも、とりわけ「技術」がいるのが質問の技術。

では、最初の二つの聴き方を改めて並べてみましょう。

「カウンセラーにとってスピリチュアリティの知識はなぜ必要ですか。」
「カウンセラーさん、スピリチュアリティの知識が役立ったのはどういうときですか?」

この二つの質問で、大きく違う点がいくつかあります。
どういう点だと思いますか?



別に正解があるわけでもないけれど、いくつか解答例を書いてみます。

一つは、どのくらい地に足ついた答が返ってくるか。
後者は質問を受けた人の実体験という、いうなれば「事実」が答として返ってきます。
彼なり彼女が「こういう時に役立ちました。」っていったら、それは基本的には事実として受け取るしかない。そんなのおかしい、とか言ってもどうしようもないですよね。

一方で前者は、いくらでも地に足つかない観念論的な答が返ってくる余地を残しています。

もう一つは、後者は基本的に質問そのものが役立つ智慧を意識化し、共有する機能を持っています。ココ、重要!

質問された人が、「なるほど、そういえばどういうときだろうな」と考えたら、そのとき彼が内なる智慧を意識化し、言語化する作業のスイッチを入れたことになるわけですね。
わかりますか?

一方で前者はやはり、いくらでも本人の体験と無関係な受け売りで答えられるし、生きた知恵が載ってこない余地もたくさんあります。

ほかにもあるかもしれませんが、この2点はとても大きい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんなわけで、同じようなことを聴いているようでも、ちょっとした違いが質問の持つ機能を全然違ったものにするのです。

カウンセリングにおいて、よりよい聴き方というのはどういうものかというと、その人自身がその人の智慧にアクセスする機能を持つもの、その人自身が自分の体験とその智慧を結びつける機能を持つもの、みたいなことになってきます。

そういう機能を持った質問を心がけることで、質問そのものが相手の智慧の発動を促すわけです。そしてそれは、その人のものの捉え方の可能性、行動の可能性を広げていきます。

こういう質問がどんどんできるようになりたくないですか。
僕はなりたいです(笑)。

次に誰かと会話するとき、その人の内なる知恵を引き出すにはどんな質問をしたらいいだろう、ってちょっと意識してみませんか。それで結果を僕に教えてください。


地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座 
第4期 2013年4月より
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-363.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋 今後の予定

・2011年3月21日(月・祝) ネイティブアメリカンワークショップ in 三浦
 貴重な生態系が保全されている小網代の森で生きる力を取り戻しましょう!
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-261.html

・2011年4月頃
 ・コミュニケーションミニセミナー&カウンセラー養成講座説明会
 ・ネイティブアメリカンの世界観に触れる ショートセミナー

・2011年5月頃 幸せな社会を作る対話の会 with 天野敦之さん
 この大変化の時代を大きなチャレンジと受け止め、取り組む仲間と出会いませんか?
前回分)http://ameblo.jp/amanoatsushi/entry-10711306362.html

・2011年6月18日~21日 知床、釧路を巡るセミナーツアー

・5月くらいから 幸せを広めるカウンセラー養成講座(仮)
スポンサーサイト
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<知ってほしい、田ノ浦、上関原発を巡る希望ある話 | 風使いの小屋 ブログ版 | カウンセラーにとって心理学の知識はなぜ必要なのか。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。