風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

カウンセラーと直観

僕がまだカウンセラーのトレーニングを受けていた頃の話。
僕の師匠の一人O先生は、茨城の精神科の病院で長年働いている心理士さんで、気功の先生なんかもやってる。

あるMLで、メールカウンセリングのデモンストレーションをやって、僕がセラピスト役をやったことがあります。それ見ていて「見所アリ」ということで、自身の開催されている研究会に誘ってくださったという、何ともありがたいご縁でした。

あるときその研究会にいくと、先生は出雲旅行から帰ってきたところだそうで、机の上に石が6つ置いてありました。

そして曰く。

「ふたこさん、このうち3つが出雲で拾ったものです。どれでしょう。」

真剣に直観につながって答えなさいという課題でした。
6つの中から正しい3つを選ぶ確率はどのくらいですか。
5%?合ってる?

「(うはは、それはきびしい)」と思いつつも、意外と負けず嫌いな僕は超真剣に取り組みました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結果は。
正解。

すごーく真剣にやりましたから。
といってもまあ、もう一回やって当てられる自信はないです。はい。

さて、傾聴とか非指示的なカウンセリングの源流である、カール・ロジャーズっていう人がいるのですが、この人はカウンセリングがうまくいくときのセラピスト側の条件として、

・無条件の肯定的関心
・共感的な態度
・自己一致

ということを挙げています。有名なロジャーズの三条件っていうものです。
諸富(祥彦)さんによると、晩年これにもう一つ条件を付け加えたといいます。
その新たな条件は、

・自己の直感につながっていること

とでもいうことです。

セラピストの直観というのは、カウンセリングの最中、とっても大きな要素だよなと僕も思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただ、直観とつながるということは、実際のところどうしたらいいのか、なかなか難問です。

どうしたらいいと思いますか?

僕は二つの要素があると思っていて、
1つは、直観情報にちゃんとアンテナを張っていること
1つは、直観情報をそのまま受け取れるようなコンディションを築くこと

前者はさらに、人によってアクセスする方法が違ったりします。僕のネイティブアメリカンのワークでは、よくそのアクセス方法をいろいろ試しながら森の中でものを探してもらう、なんていうワークをします。

後者は後者で、ネガティブな感情を抱く思い込みをどれだけ手放せているか、とか、直観的に来た情報をどれだけ見たまま、聴いたまま、感じたまま言語でキャッチできるか、なんていう要素があります。こっちはことばの魔法教室とかでやっているワーク。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というわけでカウンセラー養成講座でも、直観開発のような要素も入れないわけにはいきません。

でも一回やってできるようになっちゃうほど簡単でもないので、あー、やっぱ宿題がたくさんになっちゃうのかなぁ。それでもいいですかね。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋 今後の予定

・2011年3月21日(月・祝) ネイティブアメリカンワークショップ in 三浦
 貴重な生態系が保全されている小網代の森で生きる力を取り戻しましょう!
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-261.html

・2011年4月頃
 ・コミュニケーションミニセミナー&カウンセラー養成講座説明会
 ・ネイティブアメリカンの世界観に触れる ショートセミナー

・2011年6月18日~21日 知床、釧路を巡るセミナーツアー

・5月くらいから 幸せを広めるカウンセラー養成講座(仮)
スポンサーサイト
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<カウンセリングがうまくいくとき、そこで働いている要因はなにか。 | 風使いの小屋 ブログ版 | カウンセラーの仕事って?(カウンセラー養成講座)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。