風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(ご報告)北海道 ネイティブアメリカン合宿 虹の戦士 大地と共に生きる道

1009a.jpg

9月18,19日の一泊二日、北海道の余市郡赤井川村でネイティブアメリカンの智慧とワザを学ぶ合宿を行いました。今回も道外からも参加者がいて、 ほんとうに豊かな二日間になりました。

今回は体験型のワークを中心としながらも、現在の地球の危機的な状況についても学び、それだけでなく、この危機の時代に僕たちに何ができるのかということを分かち合う時間を持ちました。

食事も、野菜は100%会場で取れたもの。ワークで使った材料もかなりの部分をその森からお借りしました。

その甲斐あって、参加者の中には「自然の中で、そこにあるもので用が足りることを知り、『何事もやろうとおもえばやれる』ことを実感しました。」という感想を聞かせてくださった方もいます。

僕がやるインディアンのワークショップでは、必ずはじめの方に森の中での五感の使い方についての実践レクチャーがあるのですが、これまで使っていなかった目の使い方、耳の使い方を知って、それだけで驚かれる方も多いです。

今回も、もうこれで帰ってもいいくらいだとおっしゃってくれた方がいます。ひとたび五感の解放の仕方を知ってしまうと、普段どれだけ何もみていないかということを痛感させられます。

そして地球は美しいもので満ちているということにも気づくことができます。ある参加者さんのことばを借りれば、「退屈している暇なんてない」ということになります。

(mixiに北海道滞在中の写真をいくつかアップしました。)
http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=422201188767455&owner_id=487235

1009b.jpg


僕が大地との一体感をもっとも直接感じられるワークの一つが、デブリハットというシェルターを作ってそれを使って寝てみるというもの。

これは天然素材のぴったりサイズのテント兼寝袋とでもいうものなのですが、ナイフもロープも使いません。落ちている枝と葉っぱだけで作りますが、腕がよければ真冬でも寝袋なしで眠れます。

人間が一晩で命を落とすとしたら低体温症です。つまり暖かい寝床はもっとも緊急度の高い必要性なのですが、そのための素材をその場で調達できる。そしてそのやさしい香りに包まれて眠る事ができます。さらに翌日には、元の通りに借りた場所を自然に還すことができます。

そんなこんなで体験的なワークを通して地球の仕組みと調和して生きるということを実感していきました。

レクチャーの時間もあって、この危機の時代にどうやって僕たちは新しい生き方を見つけていけるだろうか、そのとき、僕たちはどんなコミュニケーションを行えばお互い対立するのではなく、よりよい未来に向かって共に歩んでいけるだろうか、そんなことをみなで考える時間を持ちました。

あっという間の一泊二日。
次は長野です。
まったく同じ内容ではありませんが、都合のつく方はこの機会をお見逃しなくご参加ください!

順調にいけば紅葉の美しい季節になるはずです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋 今後の予定

10月16日17日 蓼科(蓼科) ネイティブアメリカン合宿
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-245.html
スポンサーサイト
別窓 | 受講者の声 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<日程変更アリ 2/20(日) 幸せな社会を作る、対話の会 with 天野敦之さん | 風使いの小屋 ブログ版 | (ご報告)札幌 コーマワークセミナー ショックを受ける人も(笑)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。