風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(日記)ニュージーランド

NZ06.jpg 4月の中旬にニュージーランドに行ってきました。ニュージーランドは初めてだし、パックツアーというのも初めてだし、毎朝6時7時に起きて活動する旅行というのも初めてでした。

 まあそれはともかくとして、前半はChristchurchという町に滞在。通称ガーデンシティーと呼ばれるNZ第三の都市は町中が公園のように美しい場所でした。写真はMona Valeという庭園。町を貫くシンボル的な川、Avon川が流れます。

 このツアーでは一般家庭訪問というメニューがあって、ニュージーランドの生活をかいま見ることができました。(もっとも一般家庭訪問用の家というビジネスがあるようで、訪れた家は人は確かに住んでいるものの生活感はあまりなかった・・・。)

 Mt. Cookへのバスツアーは、ひたすら片道5時間くらいバス乗るもので、人口の10倍以上いるという羊たちはもちろん、ニュージーランドの風景が堪能できました。

 ちょっと不思議に感じたのは、気候は湿潤で人口は4百万人強と少ない国(東京より全然少ない)なのに、結構不毛な土地が多いように僕の目に映ったことです。あとからわかったことですが、マオリが来て、そのあと白人が来て、牧草地や畑にしていったためニュージーランドの森林面積は激減したとのことでした。牧草地の中には、再生が難しくなってしまっているところも少なくないようで、それが不毛な土地に見えていたようです。


nz10.jpg

 旅の後半はニュージーランド第1の都市、Aucklandに移動。今回の旅のメインの目的は、銀行口座の開設にありました。このブログでたびたび紹介している、博之さんのマネー講座を受講されるとよくわかることですが、現在日本の政府は財政破綻の瀬戸際にあります。下手をすると、この数年で日本円の価値は急降下するおそれがあり、その対策というわけです。いきなり旅行者が銀行口座を開こうとしても、まず不可能なのでいろいろなパイプを使って実現して頂いたのでした。

 もしこれから日本が混乱期に突入しても、受ける経済的な打撃を少なくすることができ、そのあとこの列島の再建のために預けておいた資産を使うことができるわけです。地球生命圏と身近な人々と調和して生きていける社会づくりに役立ててください、とひろゆきさんは言っているように僕は理解しています。

 このツアーではニュージーランドの状況がいろいろわかり、とても参考になりました。ニュージーランドはかつて、大英帝国に依存していたわけですが、イギリスがEU諸国とのつながりを重視するようになった1970年代、一度は大変な社会不安になったようで、そこからものすごい再建を果たしたのでした。一例としてよく引用されるのは、運輸省のリストラですが、もともと4500人ほどいた職員の数を、60人弱にまで減らしたといいます(!!)。
 そして農業立国として進むことを決め、国民を資源と考えて質の高い教育を施すようになった。今でも、能力ある移民をどんどん受け入れる政策をとっています。その過程では、アメリカなんかには軍備やエネルギーなどでずいぶん嫌がらせを受けたようですが、自分たちはこれで食っていける土地がある。石油がなくなれば馬車に乗ればいいじゃないか、と時の首相が言い、国民はそんな首相を支持したのでした。

 お隣オーストラリアともずいぶん違う雰囲気でした。マオリと白人と東洋人の間の差別はゼロではないにしても社会制度上はありません。ガイドさんは「個人的なものとしての差別意識はある」という言い方をしていました。だから階級闘争や民族同士憎しみ合うような記憶はほとんどないようで、そのことが人々の雰囲気にとても現れていることが感じられます。何かの事情で関わる人(お店の人とか、ホテルの人とか)が、ことごとく、ほんとうに感じのいい人たちなのです。けっこうこれは衝撃です。

 銀行口座開設の時に、現地に住む日本人の方にお世話になったのですが、おもしろいエピソードを伺いました。移住して間もない頃、嫌がらせなどがあるのではないかとびくびくしていたら、近所の人たちが大挙して押しかけてきたことがあったそうです。覚悟を決めて玄関に出ると、なんと彼らは「荷物の片づけも一段落した頃だろう?そろそろ出てこないか?君たち一家のウェルカムパーティーをやろうと思って用意したんだ」といわれたそうで、他の国にも住んで苦労されてきたその方は涙が止まらなかったと語ってくれました。

 僕自身はニュージーランドに移住する流れにはないものの、素敵な場所もあるものだなと感じることのできる土地でした。こうして振り返ってみると、実は天気に恵まれなかったりもしたのですが、僕の進んでいる道のりにとって必要な学びに満ちていたなあとじわじわ効いてきているように感じます。

スポンサーサイト
別窓 | 大地に生きる | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<個人セッションを始めました | 風使いの小屋 ブログ版 | ライフ・イズ・ビューティフル>>

この記事のコメント

景色もよく 人柄も良く伝わってきました。
お金のことまさしくそのとおりで、口座を開くって手があったのですね~。そのためにしっかりと行動するふたこさんはすごい・・。

僕がパリに行っている間どちらにいっているかと思えば・・

けど、良い旅だったようで、よかったですね
2008-04-28 Mon 00:37 | URL | 黒竜 #-[ 内容変更] | top↑
それでニュージーランドに行っていたのですね。ふーん。
私もマネー講座の内容に興味がありますねえ。
2008-05-01 Thu 20:23 | URL | madoka #-[ 内容変更] | top↑
> 黒竜さん、

そうなのです。
香港の口座開設ツアーには、日本から毎日100人くらい参加しているって話ですよ。もっとも香港の講座が安全かというと微妙ですが・・・。

> madokaさん

マネー講座はとてもおすすめです。もしSkype講座とかあったら参加されますか?
2008-05-02 Fri 14:00 | URL | 風使い #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。