風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(日記)富士山の麓にて

みなさん、こんにちは。
暑い日が続きますね。


 先日、ご縁があってある食事療法の合宿にいってネイティブアメリカンの自然体験ワークをほんのすこしだけどしてきました。炭水化物を抜く治療法のようなもので、二型糖尿病が治ったとか衝撃の回復例がいろいろありました。コーマワークでコミュニケーションが回復した、っていう話も、人によってはかなり受け入れがたいみたいですが、それに負けないインパクトです。しかもその、治った人が目の前にいるんですから。

 さてその合宿は、緑に囲まれた環境でその食事療法に対応した食事で過ごしてみる、ということと、どうせなら健康を回復したあとに生き甲斐ある人生を見つけることをセットにしよう、というコンセプトで、僕を含め何人かの人が様々な分野のミニレクチャーをしたのでした。

 投資や資産運用の話から、即興で始まった霊能者の賢い利用の仕方(笑、でも見事にまとまってた)、自然と調和する生き方等々。

 僕のミニレクチャー番外編で、夕方のお散歩のときに自然とのつきあい方を実地に体験して頂くことができました。ひとつは、気配を消してキジの親子をじっくり観察したこと、もうひとつはルリタテハ(チョウチョです)に忍び寄って触れたこと(僕だけだけど)。

 ワイドアングルヴィジョンで道を歩いていたら、脇道の奥の方で大形の鳥が歩いているのが見えたのでそっと見にいったところキジの雌でした。そしてその後ろに雛が続いて道路を横断。そのあたりで気配を消すようにして、参加者の方としばらくキジの親子を眺めることができました。とはいっても、はぐれた子供が僕らに見つからないようにしながらなんとか親の元に行こうとしていて、僕らも邪魔しないようにはしていたけれど、おびえさせてしまったようでした。

 ひょこっと顔を出して、大丈夫だ!ってな感じで飛び出したら実は僕らが目の前にいて、びっくりしてずっこけて、でもそのあとお母さんの元に合流。ちょっとごめんと思いつつ、かわいかった。

 ルリタテハは、はじめは5メートルくらい離れたところで視線を向けるだけで逃げられていた人が、僕がやり方を伝えて忍び寄って触れるところまで見せたあとは、1メートルくらいまでは近づくことができました。車が来ちゃって逃げられたけれど、もっといけたかも。

 生き物への忍び寄りのいいところは、けっこういろんな要素がいっぺんにトレーニングできて、なおかつその対象とする生き物とのつながりをかなり味わえることかなと思います。

 美しい色、すばらしい擬態、昆虫なのに4本足であることなどもよく見ることができたんじゃないかと思います。

 ミニレクチャーの本番は焚き火の一生を世話するというもの。これは機会があったらまた書きます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋 今後の予定

10月16日17日 蓼科 ネイティブアメリカン合宿

9月25日(土)昼: ことばの魔法教室ワールドカフェ方式 札幌

9月25日(土)夜: 初心者のためのクラシックの楽しみ方講座2
「指揮者によって何が違うの?」

9月18,19日 北海道 ネイティブアメリカン合宿

星々のささやきを聴き取るように(コーマワークセミナー)
・9月23日(木/祝) 札幌 
・8月29日(日) 東京  
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-225.html

7月末より6ヶ月連続講座「危機の時代を生き延びる 達人養成塾」with 鈴木博之
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-219.html
スポンサーサイト
別窓 | 大地に生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<(後日談)「スピリチュアリティ革命」の後日談と、僕にとってのネイティブ文化のこと | 風使いの小屋 ブログ版 | お薦め)森のアトリエ あらため 冒険するアラスカ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。