風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

昏睡状態の人と対話する コーマワークの話

前回に続いてコーマワークの話。ミンデルの本に同名のタイトルのものがあります。
「昏睡状態の人と対話する」 アーノルド・ミンデル著

前回はコミュニケーションが通じるとはどういう事か、考えてみました。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-212.html

 さて、やがてYes/Noのコミュニケーションができるようになった、という話でした。

 ちなみにひとこと言い添えたいのは、この方の場合、ご家族が本当に熱心にコーマワークを続けました。何ヶ月(最終的には年単位で)もの間、ほとんど欠かさず毎日、病院にお見舞いに行きケアをし、コーマワーク的に関わりました。それだけでもほんとうに頭の下がる献身でした。それを思い出すだけでも僕は胸が熱くなります。

 地道なワークの結果、数ヶ月後にまぶたの開閉を使ってYes/Noのコミュニケーションができるようになったのでした。

 とはいっても、常にいつでもはっきりと答が返ってくるわけではありません。かなりはっきりわかるやりとりの時もあるし、ほとんど反応のない時もあって、さらにその間のいろいろな状態があります。意識状態というのは、ある程度連続的に変化するわけです。

 はっきりしないけれどなにかを伝えようとしてくれているのかな、と感じられることも少なくなくて、そういうときには「なにかを伝えようとしてくださっているんですね。それは伝わってきます。ありがとうございます。ちょっとなにを伝えようとしてくださっているのがわからないのがもどかしいけれど。」というような声かけで励まし、また、こうしたやりとりを通して僕らも励まされながら進んでいきました。




 応答がかなりはっきりしているときに、こんな事を聞いてみました。

 「今、目は見えていますか?見えていたらまぶたをぎゅっと閉じてください」→ぎゅっと閉じる
 今、右を向いているのはわかりますか?首に触っているのがわかりますか?
 などにも適切に答えることができました!

 首を支えながら「左を向いてみてください。」という声かけを2回トライして、1回目少し動き、2回目はその倍くらい動きました。

 のちにご家族の方が何度も、「あの日、やっと目覚めたんだと実感できました」とおっしゃった出来事でした。

 まぶたでのYes/NOのほかに、うなずくことができるようになり、右手の指も動くようになり、日によって「やりやすいのをやってみて」という感じでコミュニケーションに使うシグナルを、できるだけ負担の少ないように選びながらワークを続けていきました。

 体の各部分が動いたときに、それをお伝えしたり、ご家族に体の各部分に触れてもらって、「今、どこそこに触れています」という感じで感覚を取り戻すような働きかけをしたりしました。

 ちなみに病院のリハビリのほかに、整体の方が来て丁寧にマッサージしたり、その方のお知り合いのヒーリングのようなものなども行っていたようです。




 目が見えているので、あるときから文字盤を使ったコミュニケーションなど、いろいろなことを試していきました。

 そうこうしているうちに、唇が動くようになりました。ご家族が帰りにゆっくり「ま・た・ね」といっていたのですが、それに合わせて一緒に唇を動かすのでした。そこでご家族が、いろいろなことばを一緒に発する練習をしてみることにしました。

 関わり始めて約半年。ここにいたってYes/No以外のコミュニケーションができる可能性が一気に開いてきました。

 ちなみにこの頃、今日の調子を5段階で順番に聞いて、たとえば3のところでYesサインを出す、というようなこともできるようになりました。


 つづく




詳細をぜひ聴きに来てください。

7月11日 コーマワークに関する発表 於 日本プロセスワーク協会大会(明治大学)
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-201.html



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋 今後の予定

10月16日17日 蓼科 ネイティブアメリカン合宿

9月25日(土) 札幌 コーマワークセミナー
9月ころ?  東京 コーマワークセミナー 

7月17日~19日 関西 個人セッション付合宿 いのちのほのおの灯し方
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-203.html

7月11日 コーマワークに関する発表 於 日本プロセスワーク協会大会(明治大学)
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-201.html
スポンサーサイト
別窓 | コーマワーク | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<コミュニケーションと燃え尽き コーマワークの話 | 風使いの小屋 ブログ版 | コミュニケーションが通じる、とは? コーマワークの話>>

この記事のコメント

 じっくり読ませていただきました。
自分自身の体験やこれまで関わりのあった方々、最近ではラブフルートの繋がりの中にもさまざまな事象があります。
 無言の世界の豊かさを感じる方々がゆっくり生まれてくるといいですね!
お元気でご活躍ください。
2010-06-30 Wed 18:50 | URL | SHO #Hplotw/6[ 内容変更] | top↑
そうなんですか~。
ラブフルート、おそるべし。
応援ありがとうございます。
SHOさんもお元気で。
あの建物はその後どうなりましたか?
2010-07-09 Fri 15:10 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。