風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(日記)ホタル順調。はやぶさのこと。


高尾のセッションルームから、徒歩30秒の河原でホタルが見えます。
なんて贅沢なスポット!

今年も無事、ホタルが光り始めました。
土曜日のセミナー「感情の立て直し方」&ホタルの夕べにはばっちり見えると思われます。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-205.html

まだ若干席がありますので、ご都合のつく方は是非いらしてください。



ところで先日帰還したはやぶさのストーリーはなんだか最後まで、ほんとにドラマチックでしたね。
例えばこの写真、




奇跡的に地球重力圏まで帰ってきた「はやぶさ」は、小惑星の岩が入っている(かもしれない)カプセルを届けるのが精一杯だったため、本体はカプセル射出後、大気圏突入時に流れ星になってしまいました。

流れ星としてその命が燃え尽きる直前、どうにかはやぶさ自身の目(カメラ)で、長い旅路の末に帰ってきた故郷、青い地球を見せてやりたい、と技術者のみなさんが願って実現した1ショットがこれ。

何枚か撮った写真は全て黒くてなにも写っていないかのようだったけれど、ほんとうの最後の1枚がこの写真だそうです。画面下部は欠けてグレーになっている。そこで通信が途絶えたから。

科学的にはなんら新しい価値のある映像ではないので、その意味では撮る必要のないものだったのだろうけれど、この写真は多くの人の心に深く刻まれるものになりました。



僕は以前、実験系の研究者をながいことやっていて、装置も自分で作ったり調整したりしていたのですが、現代社会の基準では無機物とされている機械達は、僕の実感としてはほんとうに生きている存在でした。

ちゃんと世話をしてあげるとよく頑張ってくれるし、僕のコンディションが悪いと調子悪くなる。

機械の調子の悪いときに、ずっと手を当てて瞑想することもありました。

そういえばうちの自動車も、僕らと出会ってからますます好調で、燃費もすごくよくなってきたし、故障していたと思われる箇所が勝手に直ったりしています。

ネイティブアメリカンは、動植物だけでなく、あらゆるものに命を見ていましたが、きっと機械達にも命を見るんじゃないかな。

そんなバックグラウンドがある僕は、はやぶさと、それを支えてきた技術者達の深い絆というものを思うとき、お互いのために命をかけて約束を守ろうとする意思のようなものを感じずにはいられないのでした。

そして、はやぶさ本体の、地上への帰還という約束が果たせないということがはっきりしたとき、その受け入れがたい事実を受け入れるということがどれほどのことだったかと思います。

最後にNASAが撮ってくれた映像は涙なしには見られません。




さて、カプセル着地推定地点は南緯30度、東経135度だそうです。

東経135度。
日本の標準時を決める子午線とぴったり一致しています。

この心暖まるドラマは、最後まで日本を中心に回っていた。

僕らは自分が世界の中心になることを、いつも恐れているのではないでしょうか。

でも世界の中心になってしまうこともあります。
そしてそうなっちゃたら、もう、それを受け入れるしかない。

そのときにどんな色の波紋を広げることを選択するか。

それがとても大切なことなのだと思うのです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋 今後の予定

10月16日17日 蓼科 ネイティブアメリカン合宿

9月ころ? 東京/札幌 コーマワークセミナー 

7月17日~19日 関西 個人セッション付合宿 いのちのほのおの灯し方
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-203.html

7月11日 コーマワークに関する発表 於 日本プロセスワーク協会大会(明治大学)
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-201.html

6月中旬 ミニセミナー「感情の立て直し方」&ホタルの夕べ
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-205.html
スポンサーサイト
別窓 | 大地に生きる | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<(感想)「スピリチュアリティ革命」 | 風使いの小屋 ブログ版 | ミニセミナー「感情の立て直し方」&ホタルの夕べ>>

この記事のコメント

こんばんは。
ほたるが30秒なんていいですね、北海道にはいるのかな?
少なくとも今いる辺りにはいないはず(ーー゛)

はやぶさちゃん、泣きましたね、色んな人がきっと。
あたしは、ずーっと1人でがんばってたトコに共感しました。
本人(はやぶさちゃん)の気付いてないトコで、
色々援助されたりしてたんでしょうけどね。

それにしても、日本の子午線にぴったりって(@_@;)
最後まですんごいお仕事しましたね、はやぶさちゃん。

世界の中心に・・・自分がなることはないだろうな。
すみっこの方で、ごそごそしてよっと(ーー゛)

あ。この前、名乗り忘れましたm(__)m
2010-06-16 Wed 22:00 | URL | こばさち #-[ 内容変更] | top↑
北海道にもホタルはいるはずですよ。
探してみてください。
それか高尾に来てください(笑)。

日本の標準時にぴったりというのも驚きですね~。
それでもって、アボリジニの聖地のエリアなのだそうです。
聖地を穢していないといいけれど。

こばさちさんは、よく世界の中心になってるじゃないですか。
自覚してください!(笑)
2010-06-18 Fri 09:50 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
>よく世界の中心になってるじゃないですか。

ごめんなさーいm(_)m
2010-06-18 Fri 12:44 | URL | こばさち #-[ 内容変更] | top↑
写真を見た瞬間、訳も分からず涙がこみ上げてきました。
私は技術者ではないので、「何で?」という感じでした。
ビデオよりも何故か写真に、かなり反応してしまいました。

でも、映画『天空の城ラピュタ』で一番泣けたシーンも、
一人で王のお墓を守ってるロボットのくだりでしたし。。。
使命を全うしている姿に感動するのかもしれませんなぁ。
2010-06-20 Sun 01:32 | URL | むふう #-[ 内容変更] | top↑
おお~、それは不思議な体験。
「使命を全うしている姿」、なるほどです。
ラピュタは、ロボットに花を差し出されるシーンとか、最後、遠ざかっていくときに園丁のロボットがちらっと見えるカットとか、ぐっと来ますよね。
2010-06-20 Sun 21:57 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。