風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(表現)「ことば」はなぜ平仮名か。

最近、以前からの仲間と話しているときに

「漢字を使わないでひらがなで「ことば」と表現していることには
  何か意味やこだわりがあるのですか?」

との質問をいただきました。

 「言葉」と「ことば」では、僕のこころに呼び起こす体験が違うからなのですが、あまりその違いをしっかり分けて認識してみたことはありませんでした。
そこで、この機会に言語化してみることにしました。


 僕にとって「言葉」と「ことば」だと、前者の方が堅い感覚があるのと、その分、なんというか身体性とでもいうのか、なまなましさ、生命のやわらかくあたたかい感じが感じられない、という違いがあります。あと、僕と特定の誰かの間で交わされるものというよりも、もうちょっと一般的で、その分よそよそしいというか距離がある。

 僕にとって「ことば」というものは、いのちの源のような、生きているというそのことの本体のようなところから出てくる何かなのです。少なくとも可能性として。

 そしてそれは、大げさなものではなくて、日々の暮らしの中で発せられることばでさえも、丁寧に発せられたときには、その人のいのち、その人の完全性を運ぶことがあると思っているんですね。

 そういうことばを、大事にしていきませんか、ということを僕は自分の活動の中で伝えたり実践したりしているのでした。大事にすることで、自分自身が大事にされるし、人との間にささやだけれど偽りのない大切な真実が共有されていくことになる。

 そんなわけで、その僕が扱っているものに近いのは、僕にとっては「ことば」と平仮名で書かれたものなのでした。
スポンサーサイト
別窓 | ご挨拶、その他 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<不在案内(~4月20日) | 風使いの小屋 ブログ版 | 参加者の声(コーマワークセミナー)>>

この記事のコメント

すっごく、よくわかります。

だから、わたしは、てきとうに
書いていい日記とかは
できるだけ、変換しないで
そのまんま、書いちゃうこともあります。
(↑これよりも、もっともっと、ひらいたままにしたり)

ことば、からだ、こころ、きもち。

なんだか、ふんわり
あたたかみがあって
よいですね。
2008-04-13 Sun 23:12 | URL | よっし~ #HuBhO90w[ 内容変更] | top↑
うふふ、ありがとうございます。

自分の名前も、フルネームをひらがなで書くのが最近は結構好きだったりします。

なんというか、動物的な柔らかさがあるというか。
2008-04-22 Tue 23:15 | URL | 風使い #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-04-21 Mon 15:16 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。