風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(メモ)アファーメーションの研究

 最近、身の回りにいろいろな変化があって、僕はどう動いたらいいかよくわからないようなすわりの悪い状態を体験しています。で、どうしたものかなと思っていたのですが、この機会に、以前から考えをまとめてみたかったアファーメーションの研究をしよう、と思うのでした。



 僕がカウンセリングで使う方法論というのは、基本的に僕自身が使ってみて有効性を理解しているものに限っています。そして幸い僕は、ほとんどのカウンセリングの技術を、それと知らぬうちに自分の危機の時代に自分に対して使ってみたことがあるのでした。僕がカウンセラーになる前の時代でも、ちょっと読んで理解できないようなカウンセリングの技術はほとんどなかったし、それが心にどう作用するのか、僕なりに体験的な理解があったので、すぐにでも使えるものばかりだと感じたのを覚えています。
 
 ただ、ポジティブシンキングとかアファーメーションは使っていなかったし、最近まで有効性を実感したことがなかった。そこでハーモニーさんという友人(と僕は勝手に思っています。このブログからもリンクあり)が現れ、彼女に刺激されて、ちょっと関心を持つようになりました。
あまりじっくり話したこともないし、彼女が書いた物をじっくり読んだこともないし、彼女の師匠の書いたものもじっくり読んだことはないのだけれど、ちらっと見たいくつかのキーワードによって、僕の中でのアファーメーションというものの理解が一気に深まったのでした。(それも含めてなんとなく彼女にはお世話になっているような、どこか世界観がとても似ているような、そんな感謝と親しみを僕は感じているのでした。)
 
 さて僕がアファーメーションに関して以前持っていたイメージは、ポジティブシンキングのようなものと同じで、「ポジティブな要素だけを見る」というような感じでした。そしてそれは、少なくとも僕の感覚では非常に偏ったものになりうる危険な道具のようであり、あるいは物事の全体性を無視している分、有効性も限定されているようでもありました。
 
 実際、そのような形のアファーメーションも世の中にはあると思います。



 だけれど、真に有効なアファーメーションとは、そういうものではない。
 どういうアファーメーションだったら危険もなく有効か、今はよくわかる気がします。
 
 心の中身を、あれもあるし、これもある、というふうに全体的に眺めた上で、そのなかのどこに自分の注意やエネルギーをそそぐのか、ということを主体的に選ぶ、あるいは選んでいる状態を続ける、というための道具として使うなら、まったくもって合理的だと思います。

 これは間違いなく「引き寄せの法則」の有効な実践方法です。

 僕らはまずふだん、これもある、あれもある、と確認する事が少ないし、特にネガティブな想いにとらわれているときはそうなりがちです。そして、そのネガティブな思いに焦点を当て続けてしまう。それはネガティブな思考を現実化するのに役立ってしまいます。

 あるいは、大きな不安があるのに、そんなものはないかのようにしてポジティブな思いに焦点を当てようとしても、そのコントロールはうまく行きません。そうやって事実を歪曲したり、自分に嘘をつくこと自体で消耗してしまうこともあるし、口ではポジティブな思いを言葉にしていても、意識はネガティブな思いにとらわれてしまって、そちらにエネルギーをそそいでしまうこともあります。
 
 そういうことをなくして、自分の中にあるいろんな要素をテーブルの上に並べて、これらはなにしろ全部ある、と認めた上で、何を手放し、何をしっかり掴むのかという作業をすればいいわけですね。その作業のためには、アファーメーションというのはなかなか有効なのだと思うのです。

 そんなわけで、ちょっといろいろ実験しながらアファーメーションを使いこなせるようになろうっと思っているのでした。

 つづく(かもしれません)



以下、僕用のアファーメーション作成実験中のメモ

 僕は今でも、98年の頃を思うと自分の人生が完全であることを思い出すことができる。そこには見事なまでのアレンジが働いていて、絶対に大丈夫なのだ、という確信を思い出すことができる。
 
 そして、すべきことがわからなくなった時にも、わからない、ということ自体が正解であることが判ってくる。
 
 わからないということが正解だとすると、今の「わからない」という状態を観察し、味わうことができるだけだし、それでいいのだ。それ以上どうしようもない。それはあきらめのようでもあるし、実際ある種のあきらめだが、物事を悪くするものではないのだ。何らかのアレンジがはたいている。だから、それに乗って運ばれていけばいい。
 
 そして、時がきたら必要な行動をとればいい。逆説的だが、何もできないまま待つということを全うした時、時は来る。だからちゃんと「なにもできない」ということをしつつ、それが終わったかどうかを少しだけ、でも確かに気にかけておけばいい。
 
 時がきたとき、僕は必要な行動をとることができる。そうするだけの力はある。これまでもそうしてきたし、ほんとうになにかが足りない、ということは一度も無かった。だからそのタイミングが来たらまたやりますよ~。はやく来るといいな。そうなったら、どんどんエネルギーそそいで、どんどん行動しちゃおうと思います。そのとき、いい流れがきた、という感覚や充実感をまたたっぷり得られるだろうな。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
風使いの小屋 今後の予定

・2010年5月29日~6月1日 いのちのせんたく 釧路湿原ツアー 限定7名
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-191.html
スポンサーサイト
別窓 | スピリチュアルガイド | コメント:12 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム | 風使いの小屋 ブログ版 | (写真)期間限定:夜桜>>

この記事のコメント

 私は、最後の一押しにアファーメーションを使うことがあります。自分の思い込みを捨てようかと思うとき、大抵の人は理屈では分かっていても、「しゃくにさわる」とか「割り切れない」という感情に押し留められ、一歩を踏み出せないものです。そこで、大体心の準備が整ってきた段階で、「言うだけでいいから・・・」と言って、「止めた」とか声に出してもらいます。すると、堰を切ったように泣いて変わってしまう場合もあります。
2010-04-15 Thu 17:54 | URL | 吉家重夫 #-[ 内容変更] | top↑
「何もできないまま待つということを全うした時、時は来る」かぁ。
一体いつまで待ったらいいんだろう?と、自分のことを考えました。
ふたこさんのおっしゃってる意味・レベルとは、全然違うんでしょうけど*o_ _)o

続きぜひぜひお願いしますm(__)m
あ。勘違い投稿でしたら、削除してくださいませm(__)m
2010-04-15 Thu 18:36 | URL | こばさち #-[ 内容変更] | top↑
ああ~、なるほど。
確かにそういう場合もありそうですね。
ちょっと行動療法的な文脈というか。
この話は面白いです。
またいろいろお聞かせください。
2010-04-15 Thu 23:58 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
そうね。いつまで待ったらいいのだろう。
時が来たときは、どうしたいですか。
「そうなったら、どんどんエネルギーそそいで、どんどん行動しちゃおう」みたいなことは思っているの?またちょっと違う感じかな。

ともあれ、応援されたので調子に乗って続きも書きたいと思います(笑)。ありがとうございました。
2010-04-16 Fri 00:03 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
アンソニー・ロビンズの「一瞬で自分を変える法」を人に勧められて読んでいます。全世界で1000万部売れたのだそうです。

何か光るものがあります。

「一瞬で自分を変える」ことを夢見ている人がそんなにたくさんいるっていうことはなんか切ないですね。
2010-04-16 Fri 15:11 | URL | プロセスカマキリ #-[ 内容変更] | top↑
「そうなったら、どんどんエネルギーそそいで、どんどん行動しちゃおう」
・・・う~ん(ーー゛)そもそも、
何を待っているのかがわからない
っていうのがありまして*o_ _)oバタッ
そこがレベルが違うっていうところでありました。
はぁ、がっかり(ーー゛)

何が出てくるかわからない、びっくり箱の前でずっと待ってる
そんなカンジでしょうかf(^_^;)
2010-04-16 Fri 19:01 | URL | こばさち #-[ 内容変更] | top↑
アンソニー・ロビンズの本は、さすがになかなかいいですよね。内容が豊富。

二冊目の、一瞬で「自分の夢」を実現する方法、もよかったです。僕はこっちの方が好き。

> 「一瞬で自分を変える」ことを夢見ている人がそんなにたくさんいるっていうことはなんか切ないですね。

ふふふ。そうですね。
二冊目の方が好きなのは、僕が一冊目のこのタイトルが好きじゃないからかも。自分は変えなくていいじゃんって。
いや、どうだろう。微妙なところだなあ。
2010-04-16 Fri 22:09 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
なにを待っているのかわからない、というのはたぶんそういうもんだと思う。僕もたいていの場合、わからない。

僕は以前、これがびっくり箱だと思っていたものが、空箱で待っていてもなにも起こらなかったこともあります(汗)。
2010-04-16 Fri 22:22 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは!記事に登場させていただき、ありがとうございます。
記事にしていただいたことは、珠帆さんに教えていただきました~。

アファメーション、奥深いですよ~。
二子さんのおっしゃるように「心の全体像を俯瞰的に客観的に捉える」というのがまず大前提なのですが、その上で更に応用系というのがあり・・・このレベルになると、ミルトンエリクソンの催眠にも似た効果を発揮します。

脳の構造を理解したうえで、戦略的に「脳を補完させたり」「脳を騙したり・・・」という要素を加えたり「簡単な30秒瞑想を利用」していくのです。
ここまでいくと、エネルギーワーク的要素も含んだ感になり、自由度の高さゆえ、センスも問われるところであり、超面白いです(笑)

最近の私がセッションにほとんどエネルギーワークを入れなくなったのは、応用次第では全てをまかなえることに気づいたからです。

きっと・・・・二子さんとも相性がよいと思います~。

私たち、どこか似ている部分がありますものね☆
二子さんも少なからずそのように感じていてくださり、光栄です。
2010-04-18 Sun 00:43 | URL | ハーモニー #-[ 内容変更] | top↑
おお~、ハーモニーさん、こんにちは。
ご無沙汰です。コメントありがとうございます。
直接の交流は少ないながらもなんだか近い世界観を持っているのを嬉しく感じています。

「奥深い。」そうなのでしょうね。
その入口に立っている僕も、その先は結構、深そうだぞ、と予感することはできる気がします。

僕の知っている、こころやたましい(や脳)の仕組みの知と、アファメーションの技術とを結びつけられたら、かなり面白いのだろうなあ。僕はアファメーションといういい方じゃなくて、言霊の技術と呼んできたのだけれど、そこに一群の強力な方法論を加えられそうな予感。それは世界そのものを構築していくことでもあるのだと思うのです。

また東京来るときにはお知らせください。
なんか美味しいものでも食べに行きましょう。
2010-04-18 Sun 21:32 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
二子さん、スカイプランチ会でお会い?できて嬉しかったです♪素敵なHPですね~!!

鳥の美しいさえずりに
”日本の鳥の声だ~!なつかし~い!”
と思いました。

アファーメーションを自分や人に使いますが、
ぴったりな言葉を見つけると、
言うだけで全身エネルギーが満ち、
バランスが一瞬で整います。

まさに言霊すごいなぁ~て思う瞬間です

2010-05-04 Tue 05:10 | URL | みさき@米国 #2WdbYHDY[ 内容変更] | top↑
スカイプランチ、突然おじゃましましたが、暖かくお迎えいただきありがとうございました。

このサイトの鳥の鳴き声は、ほんと、日本の典型的な(笑)鳥たちですね。

言霊すげーですよ。はい。
今の日本人は言霊のパワーはすげーって知っているけれど、使い方はよくわかっていないですよね(僕も含めて)。

これ、ちゃんと学んで使いこなしたいところです。日本人としてって言っていいのかよくわかりませんが。
2010-05-07 Fri 23:21 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。