風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(ご報告)PW的対談#1の3 ジェンダー論かと思いきや


プロセスワーク視点的対談#1 「ジブンの話。世界の話。」
~ワールドワーク。日米関係&ジェンダー~


のご報告の続きです。

この話題、密かにけっこう熱いです。

今日は、午前に比べるとある意味、荒れた?午後の部の話をしようと思います。けっこうプロセスワークのコアな話なので、興味のある人は是非どうぞ。

午後の部はDAYAさんと大串幹夫さんによる、ジェンダー論の対談で、僕がファシリテーターをしていました。
DAYAさんと常々はなしている事の一つに、「今、日本でワールドワークへの関心が高まっているけれど、ちょっと危なっかしくも見えるよね」というようなことがあります。

僕らはワールドワークを含め、グループワークがけっこう好きなのですが(DAYAさんに至っては、イスラエルでのパレスチナ人とのワークにもファシリテーターの一員として出ている)、まあでも、グループワークってなかなかリスキーだとも思っているのです。

そこそこいいファシリテーターが1人2人いるだけで、それっ!とやってしまうと、けっこうな確率で「負傷者」が出るか、さもなければ深まらないかということになります。逆に、参加者の全体的なレベルの方が大きくものをいうのだと僕は理解しています。



なので、この機会にそういったことも伝えられるといいね、と二人で話していました。
そうなのですが、ちょっとそこがあだになったような展開が起こりました。

DAYAさんがそういった話をしたときに、僕はファシリテーターでありながら「(いいぞー、そこもっと言ってくれ)」みたいな気持ちで聞いていたのですが、結果的に聞いている人が圧迫感を感じていることには気づけずにいて、ちょっと場が緊迫してしまったのでした(DAYAさんには負担だったと思います、ごめんなさーい)。

その緊迫感を少し丁寧にひもといていくことで見えてきたのは、こんな事でした。

まず僕が見た現象としては、それまで、そんなわけでDAYAさんがしばらく熱く語ってくれていたのですが、それを止める声が入って、ひとたび別の人が話し始めると、こんどはその人がしばらく相手が受け取れるかどうかはあまり顧みずに話すことになる、というようなこと。

なので、なんだか一方的な声が飛び交って、ちょっと対立するような、そんな緊迫感が生じたのでした。




よくよくそのあたりの現象を見ていくと、言ってみれば「あなたは黙っていなさい。私がしゃべります。」というようなロールがあって、それが場の二次プロセスになっていたのでした。

この押しの強さは、午前中の原爆のエッセンスとも通じるものがあります。

最終的に、「あなたは黙っていなさい。私がしゃべります。」というようなやり方を、今、誰がしているか、明示して(このときには、その人にマイクというか、トーキングスティックというか、そういうアイテムをその都度渡しちゃいました)、そうすることで、場が整理されたように僕には思われました。

僕もそのアイテムをとってきて、「じゃあ、休憩にしましょう!」とか決めちゃうという形でそのパワーを使うようにしました。




でもこれって、なんというか、日本でありがちな、リーダーシップに関する問題にとてもリンクする気がするのです。つまり午前も午後も、僕にとっては日本人のメンタリティについて考える素材に満ちた時間になったのでした。

つづく


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
風使いの小屋 今後の予定

・2010年5月29日~6月1日 いのちのせんたく 釧路湿原ツアー 限定7名

・ゴールデンウィーク
 ネイティブアメリカンワークショップ in 関西?

・2020年3月20-22日 茨城  生きる力を呼び覚ます2泊3日 in 御前山【ちきゅぼー合宿】
「自分と人と地球とともに」
 ネイティブアメリカンの智慧+プロセス指向のグループワーク
 http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-177.html
 別ヴァージョン http://comfaci.com/25/20100320/
スポンサーサイト
別窓 | 受講者の声 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<(ご報告)PW的対談#1の4 日本におけるリーダーシップと人の和 | 風使いの小屋 ブログ版 | (ご報告)原爆の対談、参加者のその後>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。