風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(ご報告)原爆の対談、参加者のその後

 先の戦争に関する対談をもとにした記事をこのところ書いてきましたが、その後も、参加された方たちとメールなどで分かち合いをしていたりしまして、その中でもとりわけ感動的な話があったのでご紹介させてください。

 現代に生きるその方は子供の頃、原爆の恐ろしさをとある映像を通して知って、その時に大きなショックを受けました。その時に負った心のダメージは、リアリティクライシスとでもいうような形で、何十年にもわたって彼女を苦しめたのでした。

 彼女はそのショックを表現したり、それを受け止めてもらえる機会がなかったそうです。だからはじめはその映像を見せた親御さん、ショックを受けた自分の話を受け止めてくれなかった親御さんを恨んでいたといいます。僕が聴いた範囲での理解では。

 そんな方がこの前の対談企画に来てくださいました。
 それだけでもなんだか、ありがたとう、といいたくなります。

 さて僕の勝手な視点では、彼女は今とってもいい感じに人生を探究しているように見えていて、その発見を聞かせていただくのが密かな楽しみの一つになっているのですが、彼女がその、ある種の原爆トラウマから回復してくるときに重要な役割を果たしたのは、コヴィーの「7つの習慣」でした。それを読んだ彼女は、「主体性」を拠り所にするというすべを発見しました。



  「たとえ明日原爆が落ちようが、将来人類が核戦争で滅びようが、
   少なくとも自分は主体性をもって何かを思い、考え、叫び、行動する」
   (略)主体性それ自体に救いを見出したのです。



 と彼女はいいました。その活路を与えてくれたのが、同じ原爆のトラウマを受け、乗り越えた先達ではなくて、アメリカ人だった。自分の所属する集団の中には、その解決策を見つけられなかった。彼女の場合。そんな重要な機能が欠損している集団になっていることを認識し、事の重大さを思ったそうです。

 でも主体性への信仰という考えは彼女に、自分自身を生きることの重要性を教え、また、そのように生きる事への励ましを与えてくれたのでした。

 そんな感想を、何度かメールで頂いていたあと、彼女は大きな行動に出ました。


 それは親御さんと、生まれて初めて原爆の話をしたということ。


 彼女は、ダメージを負った当時の自分が、母親にやってもらいたかったような方法で、原爆についての母親の感情をたずねてみたのでした。僕はこのことを聴いた時点で、彼女の真摯で誠実で、優しさに溢れた生き方に深く心を動かされ、これだけでも本当によかったと胸が熱くなりました。




  母親は「何も言えない」気持と言っていました。

  私も当時このように原爆について話したり、
  感情を出せる場が家庭にあったらよかった、と
  伝えることができました。

  母親はこれからでもいいじゃない、
  と言っていました。

  今日この話ができたことで、私も母親も
  救われた気がしますし、親密になったと
  思います。






 彼女はその行動を通して、僕がこうしたイベントに託している願いがひとつ、成就したことを伝えてくれたように思います。今この記事を書きながらも、ほんとうによかった・・・ ほんとうによかった・・・  と僕はなんとも言えない気持ちになるのです。

 それはまた、僕が僕の主体性で僕の道を生きることを、励ましてくれるのでした。

 
 この記事にあるような分かち合いをしてくれて、この記事を書くことを許可してくださった彼女に心から感謝します。
 



~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
風使いの小屋 今後の予定

・2010年5月29日~6月1日 いのちのせんたく 釧路湿原ツアー 限定7名

・ゴールデンウィーク
 ネイティブアメリカンワークショップ in 関西?

・2020年3月20-22日 茨城  生きる力を呼び覚ます2泊3日 in 御前山【ちきゅぼー合宿】
「自分と人と地球とともに」
 ネイティブアメリカンの智慧+プロセス指向のグループワーク
 http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-177.html
 別ヴァージョン http://comfaci.com/25/20100320/
スポンサーサイト
別窓 | 受講者の声 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<(ご報告)PW的対談#1の3 ジェンダー論かと思いきや | 風使いの小屋 ブログ版 | (プロセスワーク)ランクについての誤解>>

この記事のコメント

ほんとにうれしい話ですね。
こういう大きな衝撃は一世代ではプロセスしきれず、何世代もかけていくものだと感じています。かくいう私も第二世代ですし。
2010-03-25 Thu 04:35 | URL | プロセスカマキリ #-[ 内容変更] | top↑
シェアを、ありがとうございます。
ふたこさんと、その女性に感謝をいいたいです。
あの対談の場にいたものとしても、なんだか嬉しいです。
お母様と、そういう話が出来たのが何よりですね。
トラウマを解消する、そんな道すじもあるのだなぁ、と、
しみじみしました。
そして、私も、母と話がしたくなりました。
2010-03-25 Thu 09:59 | URL | 三好みどり #-[ 内容変更] | top↑
そうなんですよー。
僕は3世代目ですし。
2010-03-26 Fri 17:19 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
ありがとうございます。
そうなのです。
トラウマを解消する方法というのは、けっこういろいろあるのですよね。
その現場に戻って再体験するのだけではなくて、人によって、場合によってもっと安全で着実な方法が見つかる場合もあります。
その辺の話はまた、別の意味で熱いところですがこのへんで。
2010-03-26 Fri 19:54 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。