風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

日米関係と大戦のトラウマ 大串幹夫さんとの対談 DAYAさんファシリテート

みなさん、こんにちは。

DAYAさんの企画で、プロセスワークの葛藤解決ファシリテーションをポートランドの大学院で学んだお二人と、コラボセッションを行いますのでお知らせします。

対談は午前午後の2部構成で、僕は午前中、大串幹夫さんと「日米関係と、大戦のトラウマ」というようなテーマで語り合います。

例えば日本列島に住む人の集合意識のようなものも、経験を積んで成熟していくのですよね。

豊かな自然の残っているアフリカでは「開発」や「経済的な豊かさ」が追求されたりして、僕らの目から見るとなんともったいないとか思ってしまう部分もあるのですが、それはその土地に住む人が文明化を経験してはじめてわかることなのかもしれない、というようなこと。

そういう意味では、日本に住む人々、日本の国家に属している人々の集合意識は「敗戦」ということを経験した。それも徹底的な破壊を伴う敗戦。

だから日本人は、かなり本格的に「戦争」というものに懲りることができたのではないでしょうか。

比較して海を挟んだお隣アメリカ合衆国に住む人々の集合意識は、日本のそれほどには戦争に懲りていないようにも思うのです。

僕らの集合意識は、その点に関しては世界の中でも成熟しているといえるのではないでしょうか。

とはいえ、その経験を糧にできているかというとまだまだ疑問です。

そんなことをあれこれ話せたらいいなと思っています。

その対談をファシリテートしてくれるのは、僕の盟友 DAYAさん。
DAYAさんについてはこちら http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-151.html

~~~~~

午後の部は、DAYAさんと幹夫さんがジェンダーについて語り合うのを、僕がファシリテートします。

この企画に込められたメッセージは、その対談の内容が1つと、もう1つあります。

それは、ワールドワークというものに僕らはどんなふうに取り組むことができるのか、どう取り組むと実りが多いのか、どんな関わり方だと危険なのか、そんなことも伝えたいと思います。

興味のある方は是非いらしてください!


-◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆-

プロセスワーク視点的対談#1

「ジブンの話。世界の話。」

~ワールドワーク。日米関係&ジェンダー~


-◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆-



ワールドワーク。
それは、プロセス指向心理学の特徴的なワークの一つ。
何十人、何百人の人が、世界のことを共にワークする。
個々人の中の葛藤と世界の問題にはつながりがあるという考え方。
「場」という物理的なモノのもつ力や影響などを考慮したアプローチ。

日本でも、徐々にこのワールドワークが知られてきています。

プロセスワークを長年学び、実践的に活用している3人がワールドワーク@日本を考えるときに不可欠な大きなテーマを個人レベルで語ります。様々なテーマがワールドワークの中で考えられますが、それらは日常の私たちの個人レベルで起きている出来事ばかりです。
そのつながり、その事実を大事にしながら展開していく2部作の対談集。
Dayaとふたこわたる氏が交代でファシリテーター・進行役をつとめます。

こちらも、ファシリテーションの参考として面白いこと間違いなし。

2部両方でスピーカーと勤める大串幹夫氏は普段はアメリカ在住。
なかなか実現できないこのコラボレーション。
お見逃しなく!!



【日程】2010年3月6日(土) 10時~16時くらいまで
【開催場所】都内 (お申込みのあった方に詳細をメールします。)
【参加費】5000円

【当日予定している流れ】
●イントロダクション
●<前半トーク>日米関係 
(スピーカー:大串幹夫×ふたこわたる、ファシリテーター:DAYA)

●ランチ休憩

●<後半トーク>ジェンダー
(スピーカー:大串幹夫×DAYA、ファシリテーター:ふたこわたる)

●フォローアップ
●クロージング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【お申込み】daya.session*gmail.com (*を@に変えてください)
メールに、氏名/メルアド/携帯/動機/どこでこの企画を知ったか/を書いて送信してください。
4日間たってもレスがない場合、届いていない場合がありますので再度ご確認ください。


☆お子さんが静かにしていてもらえるのであれば、子連れOKです。
 場の趣旨を説明して、静かにしていてほしいとお願いしてみてください。
 それでも一緒につきあってくれるかどうか尋ねてください。
 了承してくれたら、待ちやすいようにおもちゃや本などご持参ください。

☆当日のお昼は各自が用意してください。外食もできるハズです。


☆参考文献:

◆『紛争の心理学 融合の炎のワーク 』(講談社現代新書)
 アーノルド ミンデル、Arnold Mindell、青木 聡、 永沢 哲

◆『自己変容から世界変容へ プロセスワークによる地域変革の試み 』(単行本)
 ゲアリー リース、Gary Reiss、田所 真生子、 諸富 祥彦

◆『なんて複雑で美しい世界!!あなたの命とパワーを祝福するために』(プロセスワーク入門ハンドブック)
 Shanti Daya (武田美亜)


-◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆-◆-

【プロフィール】

★二子 渉(ふたこわたる)

東京工業大学大学院総合理工学研究科修了 工学博士
銀座メディカルクリニック カウンセラー
日本プロセスワーク協会 理事
「風使いの小屋」主宰

元々は太陽電池の研究を行う理系の研究者だったが、その後、人への興味を押さえきれずカウンセラーに転身。
米国プロセスワーク研究所ディプロマプログラムでプロセスワークの知識とスキルを身につけ、後期過程を中退 。
プロセスワークをはじめ、様々な心理相談・教育に応じるほかネイティブアメリカンの文化を伝えるワークショップなども行っており、日本の各地をはじめニューヨークでも活動。多彩な活動に共通する願いは、地球上での時間を最大限に豊かに生きるサポート。

【ウェブサイト「風使いの小屋」】
http://www.geocities.jp/processworkwf/



★ 大串幹夫

MACF第一期生。仏教徒。
1953年東京生まれ、オレゴン州ポートランド市在住
アメリカ人のつれと結婚22年、20歳の娘と17歳の息子あり。
一人でいるときの自分と人といるときの自分の間につながりを作っていくのが当面の課題。
ブログでその辺を追求中。

父親は太平洋戦争の玉砕の島サイパン島の生き残りで、ハワイの捕虜収容所で戦争終結を早めるため米軍の広報活動に協力することを決意した。同じ志を持つ捕虜仲間の姪と後に結婚して生まれたのが自分なので、日米関係とは親の代から縁が深い。

【blog】 http://processkamakiri.blog109.fc2.com/


★ Shanti Daya(武田美亜)

葛藤ファシリテーター、セラピスト。タッチによるリーディングセラピーも行う。
1973年生まれ。8歳でスイスに移住、20歳で日本に帰国。以来、日本をベースにヨーロッパ、アメリカを行き来している。
スイスで人種差別、欝、摂食障害、登校拒否などを体験、帰国後も日本文化とのギャップやセクシュアリティ、日本の女性性について悩み、多くの社会的弱者としての体験をする。
現在は毎年イスラエルに通い、師のゲアリー・リースによるワールドワークにファシリテーションチームとして参加。戦地における深刻な葛藤の中にもちゃんと人間の力と可能性があるのだというところに魅了される。
OHカードの幅広い使い道と可能性を日本で紹介しつつ、カードの持つエチケットを通して相手の話に耳を傾け、安全な場で語ることの素晴らしさと深さを伝えたくて定期的な少人数の体験型ワークショップを続けている。
人はいつでも変容ができるパワフルな存在なのだと信じて、その可能性を引き出すサポートを仕事にしている。
シングルマザー。小2のムスコと三鷹市在住。

・日本プロセスワークセンター認定 プロセスワーク初級プラクティショナー
・米国プロセスワーク研究所 葛藤ファシリテーション・組織改革コース修士課程修了
・ワールドワーク@イスラエルのファシリテーションチーム スタッフ
・OHカードJapan代表/OHカードナビゲーター
【BLOG】 www.shantidaya.com 
 Daya、innerjourney、OHカード などで検索してみてください。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
風使いの小屋 今後の予定

・ゴールデンウィーク
 ネイティブアメリカンワークショップ in 関西?

・2009/3/20-22茨城  生きる力を呼び覚ます2泊3日 in 御前山【ちきゅぼー合宿】
「自分と人と地球とともに」
 ネイティブアメリカンの智慧+プロセス指向のグループワーク
 http://comfaci.com/25/20100320/

・2009/3/5 プロセスワーク視点的対談#1
「ジブンの話。世界の話。」~ワールドワーク。日米関係&ジェンダー~
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-180.html
スポンサーサイト
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<お薦め)森のアトリエ第2回 キニナルキ | 風使いの小屋 ブログ版 | (ご報告)対話の場、ネイティブの智慧を年の生活にどう活かす?>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。