風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(受講者の声)共感性のコントロール ~エンパスのオフ

みなさん、こんにちは。
ふたこです。

1月23日に、
「敏感すぎるアンテナを、オフにする方法」 
 ~感情に振り回されない自分づくり~


というセミナーを行いました。

僕にとっては初の試みだったのですが、なんだか準備も楽しくなってしまって、盛りだくさんの内容でした。
これ、必要な方がいらしたらまたやりたいなあ。

で、今回、発起人/主催者となってくださった三好みどりさんから、感想を頂きましたので掲載させて頂きます。

三好さん、お世話係から感想まで、ほんとうにありがとうございました。



23日の土曜日、ふたこさんの「敏感なアンテナをオフにする方法」セミナーでした。

このセミナー、私が自分がエンパス(共感能力の高い人のこと)だったってことに気付いて、
そして、自分が今まで生きづらいと感じていたのはそのせいだったんだ、
このエンパシー(共感)の能力をオフにする方法を知りたい! と日記に書いていたのに
ふたこさんが応えてくださる形で始まったものでした。
(mixiのエンパス日記はこれ↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1323432437&owner_id=662732&org_id=1324191684


共感能力が高くて、人の気持ちをわがことのように感じてしまうので、
なかなか人との間にはっきりとした境界線を築くことができませんでした。

人の気持ちを感じすぎて(悲しみや、欲求や、こうありたいという気持ち)
そちらを優先しすぎて、自分自身の中が空っぽになっていくような感じでした。
ふりまわされて、エネルギーがカラカラになっている自分を感じていても、
それでも、他人をシャットアウトすることが出来ないのです。

そんな悩みを抱えて、ふたこさんのセミナーに出て、

なんだか、とても落ち着いたのです。
不思議なんですが。



最初、とても意気込んで行ったのです。
共感能力をオフにする技術を身につけることを切実に望んでいて、
そしてそれは日常生活に活かせる形の、
実践的なものでなくちゃなりませんでした。
私はうつ病で倒れて以来、あるお寺のご住職にお世話になっていますが、
エネルギー漏れでふらふらして、住職に見ていただいては、

「空っぽだ、丹田になんにも入ってない、空っぽだよ」

と驚かれ、

「こんなになるような生活をしてちゃ、だめだよ」

と、悲しげに言われていました。
だから、そこから抜け出したかったのです。
「エンパシー能力をオフにして、他人との間に境界線を引くこと。
その技術を身につけること」
それは私にとっては急務のことでした。



そんな、切実な気持ちで向かったセミナー会場でしたが、
切実な思いとは反対に、情緒的にはとても安定していました。
小さなことで不安にかられがちな私にしては珍しいことでした。
このセミナーのスタッフとして打ち合わせを重ねるなかで、
ふたこさんの言葉の端々に、このセミナーで望んでいたものを得られると、
確信していたからかもしれません。

そして実際に、会場で初めてお会いしたふたこさんや、
ひとりずつ集まる参加者さんの雰囲気が、
なんだか、なんていえばいいのか、
とてもフレンドリーで、落ち着いていて、穏やかで。
セミナーが始まると、とても真剣で、
それでいて「ピリピリ」という感じにはならなくて、
「場」自体が、とても安心できる空気をまとっていたのです。


もともと「敏感」な人たちが集まっているから、一人ひとりがそれぞれ、
一瞬一瞬に、フッフッと気を配っているのが感じられました。
その上、「○○な時に、××と感じてしまって、それが△△で」という体験談も、
「それ、同じようなことを感じたこと、あります!」
ってお互いに共感しあえるようなもので。

エンパス(共感能力が高い人)が集まると、こんな感じなんだ~、と、
それは、ちょうどよい温度に整えられたお風呂に入って、
「ふぅっ」
ってくつろいでいるような、そんな贅沢な時間でした。



そんな、贅沢な、守られた空間の中で、
(あの空間は、確かに守られていました、ふたこさんによって)
とても具体的な技術が次々と伝えられていったのです。


☆「共感能力」とは、では、一体なんなのか
☆どうして、「共感」することで、生きづらく感じるのか(苦しいのか)
☆自分にとっての適切な「境界線」の距離
☆境界線を築くということについて
☆境界線を築くための具体的な方法・小道具や呪文(笑)の紹介
☆ヴィパッサナ瞑想の伝授
☆強力なグラウンディングの仕方
☆言葉の使い方について
☆自分の感情の取り扱い方
☆感じ取ってしまった他人の感情に対する対応の仕方

           (※ふたこさんのレジュメからの引用ではありません。
           あくまで私が個人的に受け取ったことたちです)



ふたこさんの講義と、それからワークと、ワークの感想のシェアと。
それらを繰り返しながら、こんなに沢山のことをたった数時間のセミナーで?
と、振り返ってみると不思議になるくらい沢山のことをふたこさんは伝えてくれました。
小さな質問も通り過ぎることなく、丁寧に答えてくださって。

ふたこさんのホールド力ってすごいですね。
なんていうか、すごい安心感なんです。
見ててくれるし、何を出してもきっと受け止めてくれる。
だから、大丈夫。 そんな信頼を感じさせてくれるんです。

たった一日、数時間のセミナーだったのに、本当に盛り沢山でした。
あれから3日。
具体的な小道具を使ってのシャットアウトもしているし、ヴィパッサナ瞑想もしてます。
そして、今から考えればそれが生きづらさの元だったなぁという思い込み(信念)を
手放せたので、それからも自由になって、なんだかとても呼吸が楽になってます。
(そういえば私はセミナーの間中、「息苦しいです」ばかり連発してました)


偶然ですが、このセミナーの翌日に、住職の予約が入っていて、
住職と、これからの私の「新しい目標」について、合意することが出来ました。
それは、「私自身を感じること。いろいろな面のある自分を知ること」

「いつも、他人のことばかりで、ヘロヘロになってたからな。
ま、歩みは遅いけれど、しょうがない。まずはそこからだな」

住職にもそう言われ、

「一番近いような自分というものが、私にとっては一番遠い場所でした。
今年は、そこを探検してみたいです」

私も、そう宣言してきました。
自分自身を知って、自分自身を自分に落としこんでいく。
そうしていく中で、グラウンディングも出来るし、境界線も引けるようになっていく。
ふたこさんのセミナーで得たことを、もう一度確認する形での住職との対話でした。


こうして、私は、私自身への旅を始めることになりました。
エンパス能力は、もう怖くない。
適度にスイッチをオン/オフしながら、有効に使っていこうと思います





~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
風使いの小屋 今後の予定


・ゴールデンウィーク
 ネイティブアメリカンワークショップ in 関西?

・3/20-22茨城  生きる力を呼び覚ます2泊3日 in 御前山【ちきゅぼー合宿】
「自分と人と地球とともに」
 ネイティブアメリカンの智慧+プロセス指向のグループワーク
 http://comfaci.com/25/20100320/

・2010年2月18日(木)から原則第3木曜 都内
 クローズドグループ「戦士の道」 
 自分のミッションを知り、それを達成するために必要な心を解放する技術を身につける。
 
・2010年2月13日(土)★3部構成・東京都内
 ファシリテーター目線で学ぶ
  プロセス指向のグループワークセミナー
 「持続可能なコミュニティってどんなん?」
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-167.html

・2010年2月12日(金)夜:「立場を超えてひとと出会う対話の場」
 テーマ『都市生活と自然との共生』
 ファシリテーター:廣水乃生  ゲストスピーカー:ふたこわたる
 http://comfaci.com/24/20100212/

・2010年2月10日(水) 室内楽コンサート
 シベリウスの日本初演曲を含んだコンサート 於 みなとみらい
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-171.html
スポンサーサイト
別窓 | 受講者の声 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2/12夜【東京】対話の場、ネイティブの智慧を年の生活にどう活かす? | 風使いの小屋 ブログ版 | (日記)望んだ通りになっているなあ 静岡ツアー2>>

この記事のコメント

「境界線を引く」 私にとっても課題です。
とっても良いセミナーだったんですね。
GWにネイティブのと思っていますが、なかなか場所が見つからないので、綾部で、このセミナーやってもらってもいいのかなあとふと思いました。お泊りなので、ふたこさんワールドなセミナー、思う存分、ふたこさんが自由にやるセミナーの2泊3日なんていかがでしょうか?環境と食事は、バッチリだと思ってます。
2010-02-03 Wed 20:38 | URL | のこ #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-12-19 Fri 16:56 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。