風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

コンサートやります!シベリウスは日本初演かも。

みなさん、こんばんは。

2月10日に横浜みなとみらい小ホールでコンサートを行います。
http://www.classic-concert.jp/concert/condetail.asp?code=1000003620

しばらくオーケストラでの演奏がメインでしたが、久しぶりに室内楽です。
すてきな夕べを一緒に過ごしませんか?



2010年02月10日(水曜日)19時00分 開演
チケット 全席自由 3000円

曲目は、とりあえず僕が参加するのは以下の3曲。

・シベリウス作曲 ノクターン(「ベルシャザールの饗宴」より)

 これはピアノの伴奏による、ヴァイオリンメインの曲。
 ノクターンというのは夜想曲、なんてふうに訳されます。シベリウスらしい透明感と仄暗さがありつつ、とっても美しくて情熱的ですらあるメロディが特徴の曲です。誰が聴いてもいい曲だなと思っちゃいそうな曲です。これを聴くと、もっとシベリウスを聴きたくなるはずです。はい。

 ちなみに伴奏は、リンク先には書いていない寺内めぐみさんという方です。はじめて合わせの練習をしたときに、彼女の伴奏能力のすばらしさに僕は感動してしまいました。なので勝手に「これはいいコンビだ!」と思い込んでいます。こういうときはいい演奏が生まれるものだと期待したいです(笑)。



・シベリウス作曲 無伴奏ヴァイオリンのためのロマンス ト長調

 これはたぶん日本初演なんじゃないかと思うのですが、間違っていたら教えてください。

 作品番号もついていないし、ほんとうに無伴奏の曲として作られたのか、伴奏パートがどっかいってしまったのかもわからない遺作です。録音も世界に1種類しかありませんし、楽譜は出版されていません。つまりその録音から僕自身が耳コピで譜面を起こして演奏します!!
日本初演でしょう、どう考えても。弾いた人がいるとするなら、シベリウス演奏の大家の佐藤まどかさんくらいだよな。

 で、この曲、ヴァイオリンだけで演奏します。 伴奏なし。
 そしてまたとっても美しいのです。

 やはりシベリウスらしい透明感があり、上のノクターンとは違って明るい日差しような感じで始まります。

 シベリウスは若い頃、ヴァイオリニストになりたかったのでした。でもまあ簡単に言うと挫折しました。そんなわけでヴァイオリンという楽器の特性をよく知っていて、ヴァイオリンが喜んでいるのがわかるような、そんな曲なのでした。

 最後、明るい曲調で透明感があるのに、なんとも切ないクライマックスはもう、ちょっと、たまりません。

 そんなわけで、この貴重な曲をコンサートホールで聴ける機会は、この先一生ない可能性もあります。シベリウス好きの皆さんはもちろん、そうでない方も、是非この機会にこの曲だけでも聴きに来てください(笑)。



・ブラームス ホルントリオ 変ホ長調

 上のリンク先には、谷孝祐(ハープ)って書いてありますが、ホルンの間違いです。ハープを弾いている谷さんの映像はかなり不思議な感じですね。ホルンの谷さん、ピアノの滝上さんとヴァイオリンのふたこの3人で演奏します。

 これはブラームスの30台の作品で、交響曲第1番なんかよりは全然前になります。完成したのは明治維新の3年前、1865年。それぞれいろいろな表情の4つの楽章からなる作品です。この3つの楽器の組み合わせの曲は、そうそう多くなくて、でもなかなかこれが面白いハーモニーになるのでした。

 これは余談なのか本題なのか自分でもよくわかりませんが、ここで競演する3人はとある共通点があります。ホルン奏者の谷さんが古珀術というヒーリングのヒーラーなのですが、3人ともそのヒーリングを受けたことがあって、その結果、その筋の人に言わせるとトラウマやとらわれが人並み外れて少ない状態なのだそうです。たしかに僕の目から見て、谷さんはちょっと宇宙人じみているくらいにとらわれが少ないようにも見えます。で、そういう人が集まって演奏したら面白いんじゃないか、という実験も兼ねているわけです。

 まあそうは言っても、音楽なんて演奏が全てなので、興味のある方だけ気にして頂いたらいいのでしょう。僕らも、シンプルに、いい演奏ができるよう励みます。

 その他、サンサーンスのホルンとピアノによる「小協奏曲」や、ムソルグスキーの「展覧会の絵」の2台のピアノヴァージョンなども演奏されます。



 チケットのご予約、お問い合わせはふたこのメール(windshamanwf@☆yahoo.co.jp ☆を除いてください)まで!
 チケットの枚数と、送付先をご連絡ください。
 セミナーやセッションなどでお会いするときに、直接ご購入頂くことも可能です。
 是非お誘い合わせの上、おいでください!

 あ、あと燕尾服、レンタルしようかと思ったのですが、すごく高いんですね。何かいい情報をお持ちの方がいらしたら教えてください。
スポンサーサイト
別窓 | コンサート/ライブ情報など | コメント:7 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<1/23 ブレーキはなんのためにある? | 風使いの小屋 ブログ版 | (ことば)敏感さ、自分の境界線、ことば>>

この記事のコメント

燕尾服って、モーニング?!
あぜさん、自前で持ってます。結婚式の時に、来ましたw
古道具屋(リサイクルショップじゃなくw)で、三千円で見つけたんですって。
どこか老舗のブランド物っぽかったらしい。
そして、あぜさんのサイズにピッタリだったそうな。

11年前なので、今のあぜさんよりスマートだったとは思うけど、
ふたこさんには、やっぱりちょっとサイズ大きいかしら?
2010-01-15 Fri 23:18 | URL | ☆★Love & Joy☆Mika★☆ #-[ 内容変更] | top↑
お久しぶりです! Aオケベースのえりりんです。
すごく面白い企画をなさるのですね。当日は残念ながら聴きにいけないと思うのですが、日本初演の無伴奏、聴きたいです~。

ところで燕尾服の件ですが、新宿の京王でやっている「貸衣装処分市」ってご存じですか? 結婚式場なんかで使った貸衣装の古くなったものを格安で売ってるんです。
結婚式用(=新郎用)なので、派手な刺繍とか入ってたり、ストライプが入ってたりするのですが、黒いものを選べば遠目にはわかりません。あ、白い燕尾とかもありますけど(笑)
要は古着なのですが、デザインに流行のあるものでもありませんし、なんといっても3,000円くらいで買えたのではなかったかと思います。私もここで燕尾買いました。
折しも、1月29日から処分市やるみたいです。
http://www.original-wedding.net/news/2009/01/27/948
ご参考までに。
2010-01-15 Fri 23:26 | URL | えりりん2号 #-[ 内容変更] | top↑
ぶはは、そうなんですね。さすがあぜさん。
いや~、ありがとうございます。

どうだろう。
背格好はそんなに違わないですよね。
こんど25日とか、見せて頂いてもいいですか。
2010-01-16 Sat 00:49 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
わあ、ご無沙汰しています。
Romance in G (1915)、いい曲ですよ~。
なんかの間違いで来られることになったらご一報ください。

あと燕尾服情報どうもありがとうございます!
そんなのあるんですね。
数千円で買えちゃうなら買った方がいいなあ。
見に行ってみます。
2010-01-16 Sat 00:51 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
行きたい!
行きたいですが、仕事が入ってます。残念。
ほかの企画も関心を惹かれるものばかりなのですが、日程が合わんのです。うー。
暖かくなる頃には、お会いできるといいなあ。
2010-01-16 Sat 21:16 | URL | nana #G91RSZjw[ 内容変更] | top↑
わあ、ありがとうございます。
そうですね、またお会いしたいです。
今年もよろしくお願いいたします。
2010-01-16 Sat 23:02 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
ふたこさん、とっても分かりやすい説明ありがとうございます♪
元々参加の予定でしたが、ますます行くのが楽しみになってきました☆
ぜひ、私のブログでもお知らせさせていただきますね。


2010-01-29 Fri 09:41 | URL | みか #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。