風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今年の振返り3 ヴィジョンと実現した「今」はどうつながっていたか

 その3です。
 
 こうして振り返ってみるうちに、以前抱いていた「こうなったらいいな」という想像と、それが実現してしまった現在の状況との間はどのようにして埋められていったのだろう、と僕はそこに改めて興味を持ちました。

 僕は、こうなったらいいというヴィジョンを漠然と持っていただけで、数年でそのような状況をばっちり手に入れてしまった。
 
 そこにはどういうつながりがあるんだろう。

 
 いや、世の中にはヴィジョンと現実の因果関係のようなものを語っているモデルはたくさんあるのは知っています。しかし、なんというか僕がそれらに接して感じるのは、思考の現実化とか、エンヴィジョニングというのは、教科書的にはもっとそれ自体を強く意図するように言われている気がするのです。

 それは別のいい方をすると、けっこう表層の意識とか、いわゆるエゴ、自我、そんなところでの意図のように読めるのです。本などに書かれている事は。

 僕の身に起こったケースはもうちょっと、僕の感覚で言うところの自然な流れに身を任せてここまでたどり着いたような、そんな感覚があるのです。

 この種の話を考えるときに、いつも僕の心に浮かんでくるのは、ミヒャエル・エンデの短編「魔法の学校」の中のエピソードです。
 
 魔法の国の子供たちは魔法の学校で学びます。その魔法の学校で一番はじめに習うのは、「望む力」の規則というものです。これが僕はとっても好きです。

「望む力」の規則
 1 ほんとうに望むことができるのは、できると思うことだけ。
 2 できると思うことは、自分のお話にあうことだけ。
 3 自分のお話にあっているのは、ほんとうに望んでいることだけ。


 どうですか?いいでしょ。

 ほんとうに望んでいることによってこそ、自分のお話が進んでいく。そのお話に沿っている限り不可能は無い。

 だけれど、自分のお話にあっていないことを望んでも、たぶん実現しないのではないでしょうか。
 
 それだけのエネルギーを注げないだろうし、それに見合った偶然にも恵まれないだろうし、うまくいく気が僕はしないのです。でももしかしたらそれは僕が、手放すのが下手なこととも関係しているかもしれません。それはまた別の機会に考えます。
 
 さて、そうだとすると、どうやって自分のお話を見極めるのか、どうやって本当の望みを見極めるのか、ということがとっても大切になってくるわけですよね。



 と、普段の僕は考えていたのですが、ちょっと違う角度から見てみる事にしました。
 
 だって、自分のお話を見極めるのは、難しいときにはほんとうにわからないんだもん。
そこでもうちょっと科学的アプローチ(笑)に切り替えます。
 
 この3年間に僕には何が起こっていたのか。それなら観察可能。もしかしたら法則もわかるかもしれない。セミナー講師、ということに絞って考えてみます。

 よくは覚えていませんが、多分3年前の時点では、僕は藤崎亜矢子さんとグループワークを何度かやったくらいで、単独でのセミナー講師はほぼやっていなかったと思います。

 でも、セミナー講師いいなあと思ってから半年後に、第1回の「ことばの使い方講座」のセミナーをやって、それが満員だったのですぐに第2回、第3回と開きました。 

 そのときは、ちょうど会場を提供してくださる方がいらしたのでした。その方と話をしながら進めて行った。
 
 僕がセミナーを行なうにあたって、協力者の存在はとても大きいです。一人だとないよう以外のところで使う労力が大変すぎて、それだけでしり込みしてしまうのですが、これまで協力してくださった方たちは、そのあたりをフォローしてくれつつ、いい具合に時間制限を設けてくれて、ほんとうに助かりました。
 
 そうした協力者は今後とも僕にとってとても必要な存在です。よろしくお願いします。
 


 話を戻して、まあとにかく、協力してくれる方(って書くとなんだか大袈裟ですが友人です)が現れて半年後には始まっていた。
 
 で、よくよく思い出してみると、その友人と話して、セミナーやるなら場所を提供するというお申し出をいただいた時点で即、Goとなったわけでもなかったのでした。
 
 そのあと、あるとき一人でセミナーの考想を考え始めたら、セミナーで扱いたいトピックがどばーっと思いついたのでした。「ああ、こんなに伝えたい事を抱えていたのか」と思って、それですぐに連絡を取り直して日程を決めていきました。

 この作業、おもしろいな。

 その3くらいまでで終了するつもりでしたが、ちょっとこのまま探求を続けようと思います。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
風使いの小屋 今後の予定

・3/20-22茨城 ネイティブ合宿+とことんグループワーク
http://comfaci.com/25/20100320/

・2/13東京プロセス指向のグループワークセミナー
「持続可能なコミュニティってどんなん?」
http://comfaci.com/24/100213/

・1月末 静岡でのふたかよリーディング&使命を見つけるセミナー
 (お問い合わせください)

・1月23日 東京
 「敏感すぎるアンテナを、オフにする方法」 ~感情に振り回されない自分づくり~
 街中や人混みの中で一時的に適切に感覚を閉じる!
 人の影響に振り回されないありかたを身につける!
 http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-161.html

・1月から?
 ヒーラー、チャネラー、リーディング能力者のためのスキルアップグループ

・1月から?
 クローズドグループ「戦士の道」 
 自分のミッションを知り、それを達成するために必要な心を解放する技術を身につける。
スポンサーサイト
別窓 | 大地に生きる | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<(おすすめ)言葉になる前の感覚を絵で表現してみるWS 格安 | 風使いの小屋 ブログ版 | 今年の振返り2 こんなふうにヴィジョンが実現していた>>

この記事のコメント

ということに、なるほどー
と感じてます。
この一年を振り返ってみてもそうですし。
あるいは、これからのわたしにとっても
すごく重要だったり、重なる部分もあるなぁ
って、思って読ませてもらいました。
「魔法の学校のお話し、おもしろいですね。
2009-12-29 Tue 01:32 | URL | よっし~ #HuBhO90w[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-12-29 Tue 09:45 | | #[ 内容変更] | top↑
魔法学校の「望む力」の規則、面白いです。
その通りですよね。
ふたこさんがどうやってヴィジョンを現実にしていったのか。
すごい興味あります。
早く続きが読みたい~~~。
2009-12-29 Tue 10:15 | URL | 三好みどり #-[ 内容変更] | top↑
ことしはよっし~も激動でもあり、大きく前進した年でもあったのではないかなと想像しています。
1年間、お疲れ様でした。
「魔法の学校」、短編集なのですが、ほかにも素晴らしい作品がたくさん収録されています。是非どうぞ。
2009-12-30 Wed 19:21 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
ご無沙汰です。
すごいじゃないですか。
またそのうちお会いして、いろいろ聞かせてくださいね。
2009-12-30 Wed 19:23 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
おもしろいですか。よかった。

今、華代さんといろいろ話をしていて、次に僕らの果たす役割ということがすこし見えてきていることです。
今後ともよろしくお願いいたします。
2009-12-30 Wed 19:24 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。