風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

9/6(東京)絶対注目のプロセスワークのレクチャー

みなさんこんにちは。

さて来る9月6日(日)にサトルエネルギー学会さんの主催でプロセスワーク全般に関する一日レクチャーを行うのでお知らせします。転送、転載歓迎。

チラシはこちら
http://www.geocities.jp/processworkwf/0909SubtleE.pdf

たぶん日本一かもしれないくらいわかりやすいプロセスワークについてのレクチャー(*1)が破格で受けられるまたとない機会です。
(*1 プロセスワークの説明はどの本よりも僕のサイトがわかりやすいという声をこれまで多数頂いてきました。)
内容的にはざっくり、

午前:プロセスワークの歴史と、他分野との関係
午後:プロセスワークの実践と実例

という感じで、プロセスワークの背景を含めて全体像を把握できると思います。

ちなみにその前の月に、僕の古い友人の白田さんがユング心理学全般に関してレクチャーを行うのですが、これも超おすすめ。ものすごくバランス感覚に優れた人で、そのへんのユング派心理療法家では太刀打ちできないほどユングに造詣の深い方です。
http://subtle-event.seesaa.net/article/121060839.html



プロセスワーク
シンクロニシティの意味をそれ自体に語らせる実践的方法



ユング派のセラピスト、アーノルド・ミンデルの創始したプロセスワーク(プロセス指向心理学)は、ユング派の心理療法もとに物理学、老荘思想、NLP、各種心理療法論を取り入れ、とくにその実践方法において、とてつもなく拡大したものです。
  現在、いろいろな分野で『すべてのことには意味がある』というようなことばを聞く機会がありますが、その意味を受け取るための具体的・体系的方法はプロセスワーク以外には、そう多くはないと思われます。
  また、プロセスワークはその特殊な発展系として、コーマワーク(昏睡状態の人とのコミュニケーション技術)、ワールドワーク(紛争・葛藤を扱うグループワーク:実際の紛争地帯で行われることもある)など、非常にユニークな取り組みを発展させてきました。
  本講座では、プロセスワークの全体像を概観し、自分自身の人生を意味に満ちた豊かなものとして受け取る方法を紹介します。時間が許せば講師によるコーマワークの事例なども紹介する予定です。


講師: 二子 渉 (ふたこ わたる)

日時・会費:2009年9月6日(日)
当日現金にて申し受け
一般   会員
午前:10:00~12:30  3,000円 2,500円
午後:13:30~16:30  3,000円 2,500円
全日:10:00~16:30  5,000円 4,000円

場所: 東京都品川区東大井5-18-1 
きゅりあん 5階 第4講習室
申込:サトルエネルギー学会秘教科学分科会 神尾
   Tel&Fax:03-3672-8473
   e-mail:kamio@subtle-eng.com
   ※氏名、住所、電話、勤務先をご連絡ください
定員:45名先着順
会場案内:JR京浜東北線、東急大井町線
     大井町下車すぐ丸井の奥になります

スポンサーサイト
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<核兵器のない未来へ | 風使いの小屋 ブログ版 | (日記)日食の南の島>>

この記事のコメント

実際に使えるテクニックも教えて頂けるのでしょうか?
2009-08-04 Tue 14:31 | URL | 2ヶ #-[ 内容変更] | top↑
そうですね。
みんなでエクササイズをやる、というところまでは行かない予定なのですが、「こういうときにはこんなふうにワークするんです」という例を紹介できると思います。
2ヶさんみたいに普段自分のワークをやられている人だったら、たぶん取り入れられるんじゃないかなと思うのですが、どうでしょう。
2009-08-05 Wed 22:19 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。