風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(感想)「奇跡のリンゴ」 日本屈指のケアテイカー

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録 (石川 拓治 著) の感想。

 「自分は自然の手伝いなんだって、人間が心から思えるかどうか。人間の未来はそこにかかっていると私は思う。」

僕の周囲で話題になっていたこの本、やっと読む機会が巡ってきました。
「読んでいると泣いちゃうよ」といわれて、ほんまかいなとちょっと斜に構えていましたが、
なんとも感動的な場面やことばの連続でした。彼が成し遂げたことが、いかにほんとうに不可能に近いことだったかもよくわかったし、その取り組みの姿勢、たどり着いた自然観なども引き込まれました。

 津軽のあるリンゴ農家で、無農薬・無肥料でリンゴの栽培に成功した木村さんのドキュメントを、NHKが作成し、そこでは伝え切れなかったことがたくさんなたため、本として出版することになったとのこと。

 木村さんのリンゴは、ちょっと体験したことのない味をしていて、切って2年置いておいても腐らないそうです。よく自然農の野菜は腐らず、その代わりに枯れる、と僕の自然農の先生の竹内さんは言っていましたが、ここでもそうなのですね。今では有名になった奇跡のリンゴの誕生秘話。




 今の栽培種のリンゴはすべて、農薬が開発されたあとに農薬の使用を前提として品種改良されてきたもので、年に10回以上も農薬散布するのが普通だそうです。木村さんはあるとき偶然、手に入れた福岡正信さんの本に触発され、農薬なしでは栽培できないように作られているリンゴで、無農薬栽培にチャレンジすることになりました。それは限りなく無謀なことで、事実、毎年リンゴが実らないどころか、リンゴの木が弱っていきました。

 家族を抱えて、周囲からも白い目で見られ、実家からも絶縁されながらの苦しい試練が続きます。

 僕の大好きなシーンは一つはこういう場面。あるとき木村さんは、今にも枯れそうな自分の農場のリンゴたちを前にして、「自分はなんということをしてしまったのだ。この木たちだって生きている命だというのに、それをわかっていなかった。」と思い、数百本のリンゴの木、一本一本に「リンゴを実らせなくてもいいから、とにかく死なないで」と声をかけて回ります。

 さてその頃から、何かが変わってきているのですが、でももう行き詰まって、ついに自殺を決意する木村さん。山に登って、首をつるのにちょうどいい木があって、でもその山の中で一本のリンゴの木に出会います。そしてするべきことを悟るときが来ます。



 やがて彼は、自分がリンゴを作るのではない、リンゴの木の手伝いをするのだ、ということをおそらく本当に深いところで理解されたのだと思います。その手伝いを適切に行なうためには、ほんとうに丁寧な観察力と実践が要求されます。虫の卵の産み方と孵り方のエピソードなど、僕はそれを観察して知ったこと事態に感動してしまうほどです。

 そしてその結果、農園のリンゴの木たちは、ほかの農園とは比べ物にならないくらい丈夫なものへと変貌していきます。

 本の最後のほうで木村さんのこんなことばが紹介されています。

 「自分は自然の手伝いなんだって、人間が心から思えるかどうか。人間の未来はそこにかかっていると私は思う。」

 この本を読むと、「「自分は自然の手伝いなんだって、人間が心から思うこと」がどれほど素敵なことかが伝わってくる気がしました。とても紹介しきれないほど、面白い話が満載でした。

 蛇足だけれど、宇宙人に連れ去られたエピソードはほんとうなんじゃないかなと思っちゃったのですがどうなんでしょうね。



 来週は、静岡県でそんな農法を実践されている家をたずねる、未来生活体験ツアーがあります。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-117.html
残りあと1席です。お申し込みはお早めに。

スポンサーサイト
別窓 | えこひいき | コメント:9 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<(ご報告)未来生活体験ツアー | 風使いの小屋 ブログ版 | 6/16~17未来生活体験ツアー in 静岡県>>

この記事のコメント

ふたこさんの感想を読んだだけで、うるうるしてしまいました。
図書館で借りて読もうと思ったら、100件近い予約が入っていました!
早速買って読んでみたいと思います。
素敵な本の紹介、ありがとうございます!
2009-06-08 Mon 13:06 | URL | フランジパニ #v7Enlhvk[ 内容変更] | top↑
ふたこさん!わたしも読みました。「奇跡のりんご」。
今年の初め、正月休みに一気に。
すごい感動しました。感銘うけました。
木村さんは、宇宙人だあ~(笑)
あれ、絶対ホントの話ですよ!
2009-06-08 Mon 13:30 | URL | wako #-[ 内容変更] | top↑
私も、友達から薦められていましたが、未だ読まず状態。
ふたこさんの紹介上手で、読んでみたくなりました。
面白そう!
ありがとうございました♪~~
2009-06-09 Tue 00:12 | URL | さかも #-[ 内容変更] | top↑
よぅ おやじ! 
その本、ちょっと前に本屋さんで手にとって、パラパラとめくって「これはもうチョットしたら読むべきかも」と思って棚に戻した本です。
なんで「もうチョットしたら・・・」なのかはうまく説明できないけど・・・その「もうチョット」を楽しみにしてたの・・・内容書きすぎっしょ(笑)

リンゴの木というと、思い出す一本の木があります。
庭師時代に、私が働いていた庭は、ニュートンの研究室があったところで、その一角にはニュートンのリンゴの木がありました。 その木が実際万有引力の発想に繋がった木かどうかはわからないらしいけれど・・・。

それはそれは古くて、もう実もつけないんだけど、その木をみて「珍重がられているその木をもケアしなくてはいけないから、責任重大で大変だね」と、誰かに言われた時に、その庭の一角を担当していた仲間の女性が言った言葉を私は今でも妙に覚えています。

「私は木のお手伝いをしているだけだから」

とてもリンクしたので、なんとなくコメント。
連れ去られてチップ埋められてるね。うん 間違いない!
2009-06-09 Tue 02:14 | URL | Coo #-[ 内容変更] | top↑
そうそう。
僕も図書館で借りようと思ったら、その予約の多さにたまげました(笑)。
これは買っていい本だと思いまする。
2009-06-09 Tue 16:18 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
そうですよね。読み出すととまらない。
僕も食事を挟んで3時間くらいで一気に読めちゃいました。
木村さん=宇宙人説、なるほど(笑)。
本に出てくる番組、自分も見たよ~とかいうひといないかなあ。
2009-06-09 Tue 16:20 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
おひさしぶりです!
この本は面白いっすよ。ぜひぜひ。
またそのうちお会いしたいですね。
2009-06-09 Tue 16:21 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
よぅ、おやじ!って(笑)。同い年のくせに。

「庭師時代に、私が働いていた庭は、ニュートンの研究室があったところで」

そうなのか~、ほんとにいろんな経験をしている人だなあ。庭師的ケアテイカーの話は、いつもいろいろ考えさせてもらえて楽しいです。

ニュートン時代のリンゴは、今のみたいに大きくなかったっていうけれど、どうだった?
2009-06-09 Tue 16:24 | URL | 風使いふたこ #-[ 内容変更] | top↑
ふたこさんこんばんわ。

昨夜、なんとなく、どうしても気になって、
映画「奇跡のリンゴ」を、iTunes Store で購入したばかりです。
レンタルではなく、購入…。
奇跡のリンゴについては、さまざまな方面で紹介されていて、本に触れる機会もあったのですが、
Cooさんと同様、
「あ、読むべき時が来る」
と思って、まだ読んでいない本なのです。

映画化で再び有名になって、いまさら、なのですが。

本も読んでいないし、映画も見ていないのですが、
内容はあちこちから聞いておそらく隅々まで知っていると思うのですが…。

昨夜、急に、映画を繰り返し観る必要がある気がして、
購入してしまいました。

それとは別件で、「ケアテイカー」という言葉の意味を深く知りたくて調べていたら、この記事にたどり着いてしまい、
あまりのシンクロに笑いました。

まだ映画を観ていないので、今日帰宅するのが楽しみです。
2014-01-27 Mon 18:01 | URL | 十和田純栄 #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。