風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

世界は自分の心の投影? (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)

先日、「波動、エネルギー ~使うことばが自分にかけている魔法」という記事を書いたところ、ご質問をいただきました。

精神世界で説かれる宇宙のルールのようなものに、現実世界は自分の心の投影だというものがあります。

周りの人の嫌な部分に嫌悪感を感じたら、それは自分の中にあるものだから反応したのであって自分の投影なのです、というような理論のことです。

精神世界で説かれる宇宙のルールの真実味や使い方、付き合い方について、僕の見解を尋ねられました。

****

ご質問いただいた方は、

現実世界が自分の心の投影だと知らなかった時はストレスを人や環境のせいに出来て怒りや不満で行動できたが、自分の心の投影だと信じたらそういう現実を引き寄せてしまった自分を責めてしまう。

といいます。
その辺りをどう考えたらいいのか、というご質問です。
世界は自分の心の投影? (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | スピリチュアルガイド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

波動、エネルギー ~使うことばが自分にかけている魔法 (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)

一般にスピリチュアリティや、「スピリチュアル」ということばで世間で語れる領域は、なんというか目で見て手で触れられるような確実なものではない現象をかなり扱います。その分、当然危うさもあるわけです。

さて、そうした危うさをできるだけ回避しつつ、そこから豊かな経験を受け取るにはどうしたらいいでしょうか。

****

一つには実体の無いことばをできるだけ使わない、ということが言えます。

よくこの分野では「波動」「エネルギー」というようなことばが使われますが、それを自分なりに確実に理解して使っている人はどのくらいいるでしょうか。僕の個人的な観察では、ほとんどいないと思います。

例えば「この場所は波動が悪い」なんていう言い方をする場合がありますよね。

こういうことばを使っちゃいけないとか、使う人自身のことを否定しようとかは僕は思っていないのですが、危ういなあとは感じます。


****
例を使って考えてみましょう。

どこかの建物でもなんでもいいですが、ある場所でこんな風に言うことがありえます。

「この場所は波動が悪い」
「この場所にいると、ゾワッと感じて鳥肌が立つ」

この二つの言い方には、物事に振り回される度合いから言うと決定的な違いがあります。端的にいうと普段後者のようなことばを使っている人の方が、物事に振り回されない自分軸を持つことができ、感情的にも安定します。

なぜか。

後者のことばの使い方の方が、実は自分の人生に自分の責任で対処する在り方に繋がるからです。言い換えるなら、自分の人生に起こる出来事を他の人やものや出来事の責任にしないとか、他者に支配されるスキを作らないとか、

波動、エネルギー ~使うことばが自分にかけている魔法 (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)…の続きを読む
別窓 | スピリチュアルガイド | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

不安感と「今、ここ」 (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)

(地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座の参考記事です)

最近不安感と取り組んでいるクライエントさんと接していて、しまったなーと反省したことがあります。その方には不安に駆られたときに身体感覚をじっくり感じるというような課題をお願いしていたのですが、「身体感覚を感じる」ことの意義をちゃんと伝え切れていなかったなあと反省したのでした。

「不安にまつわる身体感覚」をうまく掴めなかったクライエントさんは、結果的にかなりの焦りを感じられたそうです。ごめんなさい。

これはなかなか普遍的なテーマなのでちょっとシェアしようと思います。

キーワードは「今、ここ、の体験」です。

****
僕が知る限り、ほんとうに不安がっている人(でそこそこ意識がコントロールできる人)は必ず、
不安感と「今、ここ」 (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)…の続きを読む
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

カウンセラーの土台になるもの (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)

(地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座 関連記事です)

この記事を読む方は、多かれ少なかれ、カウンセラーになることに興味をお持ちと思います。そしておそらく、どんなカウンセラーになりたいか、カウンセラーになることでどうなったらいいと思っているか、というと一人一人違います。

皆さんはなぜ、カウンセラーになりたい、と思ったのでしょう。
なんのためにカウンセリングをするのでしょうか。

****

日本にはカウンセラーのライセンスはありません。だから誰でもいつでもカウンセラーを名乗れるし、「カウンセリング」という名前の何かをすることができます。

こうした社会背景があるので、世の中には実にたくさんの種類の「カウンセリング」があり、臨床心理士に限定しても無数の技法や学派があります。だから現状、残念ながら「カウンセリング」ということばには社会的共通理解はありません。

従って「あなたは何をしてくれるんですか」といわれたときに、自分の提供するサービスについて、どんなものなのか、どんなものではないのか、できるだけきちんと伝えられるようになることが大切です。

それを形作っていく上ではじめの問いが役立ちます。

皆さんはなぜ、カウンセラーになりたい、と思ったのでしょう。
なんのためにカウンセリングをするのでしょうか。

この点をしっかり整理しておくことこそが、カウンセラー自身のぶれない軸として機能します。そうすることでカウンセラーという仕事を幸せにこなし、人々の役に立ち続ける土台ができるのです。

何のためにカウンセリングをするのでしょうか。

****

この問いかけには実はいくつかの意味合いがあります。
カウンセラーの土台になるもの (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)…の続きを読む
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

魂の暗夜と精神病 (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)

このところいくつか魂の暗夜について記事を書いています。

意識の発達過程1
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-307.html

意識の発達過程2 魂の暗夜を超えて
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-308.html

魂の暗夜を超えた時に見えるもの
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-309.html


結構反響があって、ご質問をいただきました。

「一般の精神病や神経症、トラウマが刺激されて苦しい場合と魂の暗夜では何が違うのでしょう」

僕もたくさんの例を知っているわけではありません。限られた例を元に僕が持っている印象について書いてみます。

魂の暗夜における恐怖感は、いわゆる死の恐怖だと僕は思っています。だから本質的にはトラウマが刺激されているということです。かなり根源的なトラウマが刺激されている状態。世界や自分の存在意義を見失い、自分も世界も崩壊するのではないかという恐れ。

魂の暗夜と精神病 (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)…の続きを読む
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

10月三浦合宿「地球の遊び方!」(地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)

みなさん、こんにちは。
直前のお知らせで恐縮ですが、
三浦半島でのネイティブアメリカンワークショップのお知らせです。

今回は三浦のフィールドではじめて宿泊型のワークショップを行います。
今回は体験だけでなく、深いレクチャーも満載の予定!

11月に八ヶ岳でのワークショップもありますので
あわせてご検討ください!

以下転載。
http://ameblo.jp/mika-smile-healing/entry-11042976262.html


--------------------
森のハーモニー合宿

地球の遊び方
~地球に生まれてきたのは何のため?


自分の故郷のすばらしさを自然に語れる人は少なくありません。
愛するその土地の美しさ、おいしい食べ物、人々の暖かさについて
多くの人が愛おしい気持ちで語れるはずです。

では私たちの共通の故郷、地球についてはどうでしょう。
彼方の星からやってきた客人がいたとしたら
地球で何を体験していってほしいでしょう。
10月三浦合宿「地球の遊び方!」(地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

魂の暗夜の体験。~ジョブズさん訃報に接して。

もうずいぶん昔に僕は、先日の記事に書いたような魂の暗夜を体験しました。それは進行性の石化の病のように、8年くらい続いたのでした。

あるときその闇夜が明けたわけなのですが、その時はじめて、それまでばらばらに散らかっているように見えた苦しい出来事の数々が、実は星座のような美しさで配置されていることに気づきました。

そのあまりにも完璧なアレンジメントに気づいたことで僕は、自分が手厚く守られ、生かされている存在であることを思い知りました。そう。思い知ったのでした。その完璧さに対して、なんというか、圧倒的な畏怖の念を覚え、人々の無理解やら孤独な人生やらを呪っていたような以前の自分について、深く恥 じ入りました。

そうして、生きるというのは僕には計り知れないバックアップの元で成り立っていることであって、その大いなる流れのようなものに身を委ねて生きるんだな、と受け入れるようになりました。自分のちっぽけなエゴではあらがいようのない流れがあり、そしてその流れの方がはるかに信頼に足るものなのだ、と 受け入れたのでした。

その流れの中で、幸せを享受し、お役目を果たせたらいいなと。

もっとも僕はその完璧に守られた人生の中で、
魂の暗夜の体験。~ジョブズさん訃報に接して。…の続きを読む
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

意識の発達過程の話2 ~魂の暗夜を超えて (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)

(地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座 参考記事です)

「意識の発達過程の話1~科学を超えた理論?」のつづき。

すごーくはしょっちゃって、詳しい方にはお叱りを受けそうですが、僕が役立ちそうだと思うところ限定で書き進めます。次の段階が

・ヴィジョンロジック段階
  唯一の真実はない/いくつもの真実があるのだということを前提に、それぞれが前提としていることを踏まえて、合理的に思考が展開される。
  (例)多様な方法論を認めた全人的なサポート体系(ACTなど)
  (例)正義や正しい生き方はないという前提に立って、自己の振る舞いを選択する

よりどころとなるもの:責任ある自由、自己と宇宙への信頼

カウンセリングの実際問題として、クライエントさんが以上のどの段階の思考法を使っているかを把握することで、寄り添いやすくなります。

下の方になるほど、その人なりの自由と責任が増大します。また、それぞれの段階をまたぐときに、信じていた世界観が根底から崩れるため、大きな精神的危機を体験します。

*****

特に本格的にヴィジョン・ロジック段階への移行する際には、
意識の発達過程の話2 ~魂の暗夜を超えて (地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)…の続きを読む
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

意識の発達過程の話1 ~科学を超えた理論?(地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)

(地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座 参考記事です)

カウンセラーとしての僕は、クライエントさんの意識の発達とか成長とか、覚醒の度合いみたいなことをいつも気にしています。

「地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座」でも、見立てのためのマッピングとして、この辺りについて学ぶ機会があるのですが、最近、これはこころのサポートをしている方の多くにとって、今や必要とされているものかもしれないと思うようになったので、すこし書いてみる事にします。

すみません、はじめに断っておきますが、けっこうお堅い記事です。


覚醒の度合いということばで僕が指すのは、その人がどのくらい継続的に、どのくらい解像度よく意識を使えているか、メタ認知できているか、というようなことです。一般にかなりの人が、かなりの時間、自分の知覚、思考、振る舞いなどについて、意識せずに過ごしています。

この記事を読んでいる人だったら多分、多少なりとも自分のことをメタ認知しているんじゃないかと思います。

その意識の覚醒の度合いは、直結じゃないけれどある程度、その人の思考の様式、枠組み、世界観とパラレルの関係にあります。

以下、カウンセリングを行なっていて知っておくと実用的な価値の高いものを、
意識の発達過程の話1 ~科学を超えた理論?(地球と調和して生きる ふたこわたるのブログ)…の続きを読む
別窓 | カウンセラー養成講座 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。