風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

札幌)豊かさを受け取る瞑想法 個人&グループ in ホテルのスイートルーム

みなさんこんにちは。
ふたこです。

札幌での個人セッションのお知らせです。

今回は単なるカウンセリングではなく、瞑想指導をメインに行います。
(カウンセリングのみでも受け付けますので、ご相談ください)

僕自身の人生が安定したり豊かになってくる過程で、ことばの使い方と並んで役立ったのが瞑想です。
でもそれは、「今になって思えば」ということであって、瞑想と思わずにやっていたこともあります。

そして最近のカウンセリングは瞑想指導を行うことがけっこう多いんです。

世の中にはいろいろな目的のいろいろな瞑想があります。
そしてその中から自分に合ったものをいきなり見つけるのは至難の業。

僕は幸い、瞑想指導はかなり得意みたいで、その人のニーズやその人の得意なやり方をふまえて、その人にあった瞑想法をカスタマイズして指導できます。

その作業自体がなかなか奥深くてとてもたのしい。

グループセッションは、他の人と体験をシェアすることで、自分の瞑想のヒントが得られる場合もあります。
おすすめはグループと個人と両方を受けてみること。

そのようなわけで、ご興味のある方、是非いらしてください。



豊かさを受け取るための瞑想法
グループセッション&個人セッション


 瞑想には興味があるけれど、どうしたらいいのかわからない。
 瞑想っていろいろあるらしいけれど、どれがいいのかわからない。
 瞑想は危険もあると聞くから、取り組むのに躊躇してしまう。
 もっとこころ静かでありたい。
 人生の豊かさをもっと受け取れるようになりたい。
 
 そんなふうに思っているとしたら、これはあなたのためのセッションです。
 
 一口に瞑想といっても、実に様々な目的と方法があります。
その中から自分に合った瞑想法を選ぶのは簡単ではありません。
そして、瞑想がうまくいっているのかを自分で確認するのは、
さらに難しい作業になります。

札幌)豊かさを受け取る瞑想法 個人&グループ in ホテルのスイートルーム…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

北海道「ことばを魔法の呪文として使うには?  ことばの魔法教室 ワールドカフェ方式」

みなさん、こんにちは。

このところ月がキレイな晩が続きましたね。

さっぽろでのことばの使い方のレクチャーのご案内です。
この分野は僕はとても熱いものを持っています。

僕自身が、じぶんをここまで安定させることができたのも、ことばの使い方に通じたことがかなり大きいし、誰でも自分のペースで確実に進歩することができるものでもあるからです。

現代社会を覆う、「客観性の病」から自分のたましいを救い出すことばの使い方。
一緒に身につけませんか?

それはあなた自身の役に立つだけでなく、文化として共有していくことでたくさんのたましいを大切にしていく道です。


●ことばを魔法の呪文として使うには?
     ことばの魔法教室 ワールドカフェ方式


わたしたちは普段、何気なくほとんど無意識にことばを話しています。
そしてその言葉は、無意識の構造、潜在意識の状態を反映します。

でも、ことばは意識的にコントロールすることもできます。
わたしたちは、しっかりと意識しながら自分の使うことばを
選ぶ能力を授かっています。

つまりことばは、意識と無意識の中間あたりに位置するものです。

無意識の構造を反映しながら、意識でコントロールできるもの。


つまり、ことばを意識して使いこなすなら、
自分の潜在意識を自分の味方につけることができます。
北海道「ことばを魔法の呪文として使うには?  ことばの魔法教室 ワールドカフェ方式」…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

北海道「虹の戦士」のオプション合宿

失われていく木々を何とかしたいけれどどうしたらいいかわからない。
人間が地球にとって、害悪でしかないような感じがしている。
これまで人が起こしてきた自然破壊に大きな怒りを抱えている。

そんな同志のみなさん、
僕らには、まだまだやれることがあります。

そして、それはすぐにでも僕らの人生をより豊かにしてくれる道です。

http://tamaho.seesaa.net/article/159726888.html
より転載。

------------------------
●「目覚めよ!虹の戦士たち」
        オプション合宿のご案内
------------------------

「現代文明社会の中で自然と調和して生きるとは?」
 
北海道で行われる、地球の未来を築く虹の戦士養成合宿のオプションとして
ひとりひとりが自分の道を見つけるための延泊しての
公開個人セッション付きミニ合宿が加わりました!

ネイティブアメリカン合宿参加者が、後日感じる感想として、
「普段の生活に結びつかない」「普段の生活が辛くなった」と
いった声を聞くことがあります。

せっかくいい体験をしても、日常と不適応を起こしたり、
逆に日常をなにも変えなければ、
どちらも何とももったいないですよね。

ではどうしたら、自然の中での気づきを持って帰れるのでしょうか?
北海道「虹の戦士」のオプション合宿…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(おすすめ)「生霊わたり 千古の闇2」 ペイヴァー著 オオカミ族の少年続編



先日レビューを書いた、オオカミ族の少年の続編です。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-239.html


このシリーズはほんと、すばらしい。
こんな作品を西欧人が書く時代がきたのだなあと感慨深いです。

「クロニクル千古の闇」シリーズの二作目。

今回は海の氏族、アザラシ族の元での話がメインであるため、ずっと森にいた1巻目とはまた違う場面の自然描写や、そこで生きる人々の描写に満ちています。

ものがたりも、そうした自然と対話し、その中で生きていく力によって進んでいきます。なんといってもこうした点がすばらしい。

主人公トラクの出生の秘密、トラクがもつ特別な力とはなんなのか、
(おすすめ)「生霊わたり 千古の闇2」 ペイヴァー著 オオカミ族の少年続編…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(おすすめ)「オオカミ族の少年」M・ペイヴァー ネイティブ系の重厚な物語



読んでビックリ。ものすごく面白い。

ジャンルは、う~ん、児童文学?ファンタジー?


舞台は6000年前。
人々は狩猟採取生活をしている。

権力に取り憑かれたある人間が、たましいをコントロールする呪術で森の調和を破壊するクマをつくってしまった。

父親と二人だけで狩猟型の生活をしていた主人公のトラクは、父の死をきっかけに、自分の知らない自分の能力や運命によって、世界の調和を取り戻す旅に出る羽目になる。

タイムリミットは、星座の<赤い目>が上りきるまで。

自然の描写がすばらしい。
オオカミの描写がすばらしい。

彼らのサバイバルの技術がとても具体的に書き込んであって、
(おすすめ)「オオカミ族の少年」M・ペイヴァー ネイティブ系の重厚な物語…の続きを読む
別窓 | えこひいき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(日記)自力で傷を癒す ことばの白魔法のその後

 昨日までの続きです。

一昨日
毛虫シンポジウム、そしてその後(置き去りにされそうだった僕の中の影)
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-236.html

昨日
自分の中に燃えている「憎しみ」とどうつき合うか~ことばの白魔法
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-237.html

 いろいろとコメントを頂いたりして、よく考えてみたのですが、ちょっと付け加えておいたほうがいいことを見つけました。

 一つは、結果は手放そうよ、ということ。
 この件に関しては、僕は珍しく結果にすごく執着してます。
 でもそれは、僕の手におえることではないはず。
 
 サイが絶滅して、高尾からブナの木がなくなって、地上からタンポポがなくなって、そんなアンバランスによって大切な人たちが苦しんだり亡くなったとしても、それ自体は僕一人でどうこうできることではない。その「結果」については、僕の責任ではない。
 僕が全力を尽くしても、そうなるときはなるし、ならないときはならない。

 
 これは受け入れがたく、かなり傷がうずく作業です。
 胸は苦しくなるし、視線は泳ぐし、油断すると目に見えて注意が散漫になって意識レベルが低下する。
 
(日記)自力で傷を癒す ことばの白魔法のその後…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(日記)自分の中に燃えている「憎しみ」とどうつき合うか~ことばの白魔法

 さて、先ほどの日記で、僕の中には「ここまで自然界の調和を破壊し、多くの生物種を絶滅させてきた人類の営みに対して、あるいはその無自覚だった暴力に対して、心底、憎んでいる部分」がある、ことを発見したと書きました。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-236.html

(ちなみにここで、「ここまで自然界の調和を破壊し、多くの生物種を絶滅させてきた『人類に対して』」っていうことばを使っちゃうと、一気に行き止まりです。ここは慎重に、人類そのものじゃなくて、人類の営みに対して、ということばの使い方をする方が、その先に続けられるわけ。人類を否定せず、ある営みを否定するなら、別の営みを選べばいいだけだから簡単に変えられるからです。こういうのが「ことばの使い方」の話)

 さて、このテーマ、もうちょっと自分で深めたいなあと思いました。

 なぜならこういった見落としていた大きな感情というのは、その周辺に僕にとって豊かな実りとなり得る宝物をしばしば隠しているからです。

 ではさっそく(ちなみにこれ、リアルタイムでワークしていることを書いていきます)。

(日記)自分の中に燃えている「憎しみ」とどうつき合うか~ことばの白魔法…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

(ご報告)毛虫シンポジウム、そしてその後(置き去りにされそうだった僕の中の影)

昨日の毛虫シンポジウム、おかげさまで大変盛り上がりました。

いろんな観点からの話が聞けて、リッチな時間だったと感じています。
みなさん、ありがとうございました。

リッチさの一部は、なんというかこの件に関わることで僕自身の問題が刺激されたというか、浮上してきたというか、そういう側面があります。実は終わった後、なんかこう、気持ちが晴れなかった。何かが引っかかっていました。

(ご報告)毛虫シンポジウム、そしてその後(置き去りにされそうだった僕の中の影)…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

(明日)(無料)8/16 毛虫シンポジウム ~命の価値を巡って

明日、話題の毛虫シンポジウムを開催します。



最新版の案内があるようなので転載します!



----------------------------
●毛虫シンポジウムやります!!そうそうたるメンバーで。
 8/16,ねとらじ特別企画です!!【参加費無料】
----------------------------

『人は木々や自然のケアテイカー(世話をする人)というけれど、
木々のお世話、自然のお世話の中には
毛虫や害虫の駆除も入るの?

だとしたら、木々の命は大切だけど虫の命は大切じゃないの?

命に軽重があるの?

殺していい命と守る命と、命に二種類あるの?』

という私の疑問に解決が欲しくて企画してみたのですが、
そうそうたるメンバーが揃いました!


☆工学博士でありネイティブアメリカンの自然との共生の智恵に詳しい
心理セラピスト ふたこわたるさん

☆「木を植える男」、アースウォーカー 中渓宏一さん

☆内科医であり身体心理学や「食」に熱いタヌキセラピスト うみやみさん。


このぜいたくなメンバーで、「毛虫を殺していいのか」というお題で話します。

色んな意見があり、色んな考え、価値観があると思います。

ひとつの正解を探すのではなく、色んな方の見方を聞き、視野を広げたり
自分の思いを深めたりする機会にしていただければと思います。

今回はツイッターとも連動させますよ!!

既に幅広い意見が寄せられています。

皆さんもぜひ、ご自分の意見を表明してくださいな。

....................................................................

  ◎珠帆印inねとらじ
      ”毛虫”シンポジウム◎

珠帆印inねとらじを使ったスペシャルシンポジウム!!

皆さんは、家庭菜園や庭のお花に毛虫を見つけたらどうしてますか?

家の中でカメムシや蛾を見つけたらどうしてますか?

(明日)(無料)8/16 毛虫シンポジウム ~命の価値を巡って…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(感想)傾聴本の決定版 「聞き上手の法則」澤村直樹著

僕のセッションやセミナーを受講してくださっている方のデビュー作(って書くことを本人も了承済みです、一応)。

前からレビューを書こうと思っていたのですが、上司に貸したら気に入ってしまったようでずっと返って来なくなってしまったのです。そのくらい、実用的でいい本。

傾聴というのは、コミュニケーションの根幹を支える重要な要素だと思うのですが、傾聴に特化したいい本というのは意外とないものです。過去には鈴木秀子先生の「心の対話者」があったくらい。

この本はその意味で、とっても優れた1冊になっています。
正直、びっくりするくらいいい本です。

傾聴に関して、包括的な内容になっているにもかかわらず、かならず具体例から入るために誰にでもわかりやすい作りになっています。

具体例によって我が事のようなリアリティで読み進めるうちに、次々と傾聴のツボがわかっていきます。

聞き上手になりたかったら、そのための方法がばっちり網羅されています。なのであれこれ手を出さずにこの一冊分だけしっかりモノにしたら、まあ日常生活のコミュニケーションの齟齬は劇的に改善するでしょう。

傾聴の本が必要な方は、迷わずこれを買いましょう!





コミュニケーションに興味のある方は近々開催のコーマワークセミナーもチェックしてみてください!

星々のささやきを聴き取るように(コーマワークセミナー)
・9月23日(木/祝) 札幌 
・8月29日(日) 東京  
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-225.html



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
風使いの小屋 今後の予定

10月16日17日 蓼科 ネイティブアメリカン合宿

9月25日(土)昼: 「ことばを魔法の呪文として使うには?」
     ことばの魔法教室 ワールドカフェ方式
http://tamaho.seesaa.net/article/158326128.html

9月25日(土)夜: 初心者のためのクラシックの楽しみ方講座2
「指揮者によって何が違うの?」
http://tamaho.seesaa.net/article/158326762.html

9月18,19日 北海道 ネイティブアメリカンの自然と共生する智恵体験講座
 「目覚めよ、虹の戦士たち   A Circle of Rainbow Warriors」
http://tamaho.seesaa.net/article/158325579.html

星々のささやきを聴き取るように(コーマワークセミナー)
・9月23日(木/祝) 札幌 
・8月29日(日) 東京  
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-225.html

2010年8月16日 毛虫シンポジウム(ネットラジオ)
http://therapist-jp.com/modules/pico3/index.php?content_id=11
別窓 | えこひいき | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(感想/要約)「創造 生物多様性を守るためのアピール」エドワード・O・ウィルソン

最近、あらためてこの時代に生まれた意義について整理中。
エコロジーの勉強もあらためてしています。


「 創造 生物多様性を守るためのアピール」
エドワード・O・ウィルソン (著)

 という本を読みました。著者は有名な生物学者。なかなかたましいこもってました。とくに第1部と第2部、つまり地球の現状がどうなっているかという解説と、じゃあどうしたらいいかという提案。

 「なんで生物多様性が必要なのでしょう。」

 と聞かれて、ちゃんと答えられる人ってどのくらいいるのかなあ。みなさん、どうですか。

 この本では、こんな説明の仕方をしています。

 「考えず、また功まずとも、地球が、いのちを支える自己制御的な泡を提供してくれています。その泡が生命圏です。それは生命あるものの総体であり、すべての大気の生産者であり、あらゆる水の浄化者であり、すべての土壌の管理者であり、しかしそれ自体は地球という惑星の表面に辛うじて張り付いている脆弱な膜のような存在です。私たちの暮らしは、すべての瞬間において、その脆弱な膜のデリケートな健全さに依存しているのです。」

 「生物学者たちは、これらの一般にはあまり目立たない生物たちが、まったくの無償で、人間の住める状態に地球を維持してくれていることを明らかにしています。」

 いろいろ面白くて詳しい説明が載っているので、興味のある方は是非本文を当たってください。いろんな動物の生態の話なども、単に読み物としても面白いです。

 さて、その生物多様性が今、一気に崩壊に向かっている、というわけです。

 ただ、僕らはどういうわけか、それでオオカミは滅んでも、ゾウは滅んでも、人間は滅ばない、と漠然と思っていたりしませんか。すくなくとも人間が絶滅危惧種だというリアルな実感はない(確かに人口はまだ増えているので、一般的な意味での絶滅危惧種ではないけれど、今世紀中に絶滅に近い状態になる可能性は充分あります)。こうした人間は大自然の法則の外にある、という考えをウィルソンは「人間特例主義」と呼んでいます。

 おもしろい、といっては語弊がありますが、こんな話が載っています。
(感想/要約)「創造 生物多様性を守るためのアピール」エドワード・O・ウィルソン…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

北海道)世界のために僕らにできること。1泊2日。「目覚めよ、虹の戦士たち」

みなさん、こんにちは。
ふたこです。

10年というのは、なんというか一つのサイクルと
言えるのかもしれないですね。
10年前、僕は心理療法家のトレーニングを本格的にはじめました。
そしてそれは、地球環境問題の技術者になるのを
やめたときでもあるのでした。

一つのサイクル、というのは最近、なんだかとっても
地球の未来のことに取り組む意欲がわいて来ているのでした。

僕が目指している方向は、こんな感じ。

実際、地球の未来はこのままいったら21世紀を迎えられるかどうか
わからないくらいに危険な状態です。それは事実。

でもそんな状況にあっても、自分を犠牲にせず、他人を攻撃せず、
でも地球の現状を重く受け止めてやれることを
楽しみながらやろう、という方向性。

とくに、
みんなの意識が変わってきたら、
現代社会を成り立たせている夢が崩壊する、と僕は思っています。

そしてそれは、これまで人類も地球も体験したことのない、
大きな変化でもあります。

そのカギを握るのは、みなさん一人一人です。

興味が本当になかったら、いやなことを無理にやる必要はないと思います。

興味があって、でも無力感や、何をしていいかわからないために
動けないのだとしたら、是非ご参加ください。

人類も、いや、地球だってこれまで経験したことがない
大きな変化の風を受け、その風を伝えていきませんか?

それは僕らが、たましいをかけるに値することではないでしょうか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以下 http://tamaho.seesaa.net/article/158325579.html より転載
転送・転載歓迎。
北海道)世界のために僕らにできること。1泊2日。「目覚めよ、虹の戦士たち」…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

8/16 毛虫シンポジウム ~命の価値を巡って

みなさん、こんにちは。
ふたこです。

昨日今日はいい風が入ってきて、
かんかん照りにもかかわらず心なしか、
先週よりもだいぶ過ごしやすい気がしています。

さて面白い企画が浮上しているのでおしらせします。

その名も「毛虫シンポジウム」というもの。

お世話になっている、珠帆美汐さんが庭に大量発生した毛虫をやっつけるにあたって葛藤したそうなのです(素敵な話だ)。それを素材に語り合うののネット中継。

毛虫シンポジウム (詳細ページ)
http://therapist-jp.com/modules/pico3/index.php?content_id=11

シンポジストも「木を植える男」中渓宏一さんとかなかなか豪華な顔ぶれだと僕は思います。

以下、ちょっと抜粋版です。




8/16 毛虫シンポジウム ~命の価値を巡って…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。