風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

(後日談)「スピリチュアリティ革命」の後日談と、僕にとってのネイティブ文化のこと

先日、「スピリチュアリティ革命」樫尾直樹著 春秋社という本の感想を書きました。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-207.html

そうしましたら、樫尾先生のブログでその感想への言及と、その感想についてのコメントがアップされました。
すごいなー。仕事への情熱が伺えます。
http://kashio.spinavi.net/index.php?blogid=1&archive=2010-7-16

そのコメントとは僕の理解したところではこんな感じ。

 「ネイティブアメリカンのスピリチュアリティを、現代霊性文化の中に含めてないとの指摘はその通り。ヘヨカ文化とそのスピリチュアリティの生成については研究中なので、時が位置鱈ぜひ語ってみたい。」

ということなのでそれはそれで楽しみにしていたいと思います。

ただ欲を言うなら、
(後日談)「スピリチュアリティ革命」の後日談と、僕にとってのネイティブ文化のこと…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ご挨拶、その他 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

(日記)富士山の麓にて

みなさん、こんにちは。
暑い日が続きますね。


 先日、ご縁があってある食事療法の合宿にいってネイティブアメリカンの自然体験ワークをほんのすこしだけどしてきました。炭水化物を抜く治療法のようなもので、二型糖尿病が治ったとか衝撃の回復例がいろいろありました。コーマワークでコミュニケーションが回復した、っていう話も、人によってはかなり受け入れがたいみたいですが、それに負けないインパクトです。しかもその、治った人が目の前にいるんですから。

 さてその合宿は、緑に囲まれた環境でその食事療法に対応した食事で過ごしてみる、ということと、どうせなら健康を回復したあとに生き甲斐ある人生を見つけることをセットにしよう、というコンセプトで、僕を含め何人かの人が様々な分野のミニレクチャーをしたのでした。

(日記)富士山の麓にて…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

お薦め)森のアトリエ あらため 冒険するアラスカ


みなさん、こんにちは。
直前のお知らせで申し訳ありません、ニューズレターではお知らせしたんだけれど、ブログにはアップされていませんでした。

森のアトリエ、第3回です。
今回は僕は別の仕事で出張中で、参加できないのが非常に残念。
とってもおすすめです。
今すぐお申し込みしてください(笑)。


第3回 冒険するアラスカ


こんにちは

最近、天体望遠鏡で月を眺めています

2ヶ月前、ふと思い立って
物持ちがよさそうな友人に子供の頃の天体望遠鏡をもらいました
20数年ぶりに月を覗いています

古い望遠鏡という事もあるけど
はじめはなかなかピントが合わない
そうこうしているうちに月はレンズを通り過ぎてしまう
30秒もかからないで端から端へ

確実に回ってるんだよね月もそうだし
よくよく考えてみると僕ら地球自身も
お薦め)森のアトリエ あらため 冒険するアラスカ…の続きを読む
別窓 | おすすめのイベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

現代文明を支える神話の話(飢えたオオカミ)


 twitterで話しているうちに、こんな質問がありました。

「神話とは、発展しなければならない、より便利にならなければならない、という強迫観念のようなものと考えていいでしょうか。」

 これ、重要なテーマなので、ブログにも書いちゃいます。

 で答から言うと、そのとおり、僕が現代社会を支えている神話というのはこういうもののことです。

 発展しなければならない。消費が拡大しなきゃいけない。人口も増えなきゃいけない。これらは現代のシステムを支えている神話と言えると思う。

 今日は人口のことをちょっと書きます。

 ある土地の生態系で養えるある動物の個体数というのは限界があります。
 
 例えばある森にオオカミが300頭いたとします。それはおおざっぱに言えばえさとなる動物(鹿とか)の個体数で決まってくるし、鹿の個体数は植物生態系によって決まってくる。自然に。
 
 さてある年、異常気象かなにかで植物がうまく育たなくて、鹿の個体数が減ったとすると、
 
現代文明を支える神話の話(飢えたオオカミ)…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(えこひいき)ベートーヴェンの運命の名盤談義

こんにちは、ふたこです。
梅雨、あけちゃったっぽいかんじですね。

さて、Twitterというか正確にはMixiボイスで、運命のお薦めの名盤について尋ねられました。
そこで好き勝手なことを書いてみます。

ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」について。僕がクラシックにはまるきっかけになった思いで深い曲です。最初に聞いたのはカラヤン、ベルリンフィルの80年代の録音。他の数々の名盤を知ってしまった今となっては聞くことはありません(カラヤンファンの方ごめんなさい)。

うちには運命のCDは、ちょっと数えただけでも10人以上の指揮者での演奏があります。真のマニアからしたらたいしたことないけれど、クラシック聴かない人からしたらなんじゃそりゃって数ですね。枚数はもしかしたら30枚くらいあるのかなあ。

その中で突出して多いのは、フルトヴェングラー指揮のCD。もう50年以上前に亡くなった伝説の指揮者です。いまだに新譜が出ます。いまだにベートーヴェンの演奏ではフルトヴェングラーが1番、というファンもたくさんいます。

運命の録音がけっこうあって、その中でもとりわけ有名なのは、
(えこひいき)ベートーヴェンの運命の名盤談義…の続きを読む
別窓 | えこひいき | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

(メモ)我が家の正体不明の現象と、釧路の意外な関係

こんにちは。ふたこです。

今日は梅ジュースの残りかすというか、しわしわになった梅を使ってジャムを作ってみました。
砂糖超控えめ、この酸っぱさがたまりません。

さて先日、我が家の怪現象?について日記に書きました。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-220.html

轟音で夜中に目覚めてしまったけれど、なんの音だかわからない、という話。

そしたら「それはオオヂシギの羽音ではないだろうか?」というご指摘を頂きました。

Yachoo! オンライン野鳥図鑑 - 野鳥図鑑 - オオジシギ
http://www.yachoo.org/Book/Show/277/oojisigi/

羽音はここで聞けます。
(メモ)我が家の正体不明の現象と、釧路の意外な関係…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

無価値感、というテーマ

 昨日はプロセスワーク協会 第2回大会に参加して来ました。
 諸富さんの熱いコールで実現したコーマワークの発表も、限られた時間ではあったにせよ、あたたかいフィードバックをたくさん頂くことができました。それはまた後日、ご報告できたらと思います。
 
 相模湖町に住む友人と、中央線の長旅(笑)を一緒に帰ってきたときにおしゃべりしていたことに触発されてちょっと書こうと思います。
 



 「無価値感」とでもいう感覚、「自分には価値がない」「自分はどうせ・・・」「自分はなにもできていない」みたいな落ち込みや、それで何もできないうちに別の人が活躍しているのを目にした時の焦りなどは、(性格タイプにもよるけど)けっこう多くの人にとって繰り返し浮上するテーマなのではないかと僕は思います。 

 かく言う僕自身も、油断するといまだに無価値感に襲われかけるときがあります。
無価値感、というテーマ…の続きを読む
別窓 | スピリチュアルガイド | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

(日記)我が家の不思議な音の正体と、結局正体不明の現象

 
 その1
 
 1週間くらい前からキッチンで、なんだかわからない音がなることがある。壁の中からなっているような、どこからなっているのかすらわからない音。虫の鳴き声のような、機会の回転音のような音。

 ある朝、その壁の向こうでコガネムシを見かけた、とパートナーは言ったので、ちょっと張り込んで観察することに。
(日記)我が家の不思議な音の正体と、結局正体不明の現象…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

博之さんとの連続講座 日本人の集合的な思い込みを解く

今日は七夕ですが、あいにく高尾は雨です。
蛍の季節がほぼ終わって、最近、ヒグラシが鳴き始めましたよ。

さて鈴木博之さんと共同企画として準備してきた、

 危機の時代を乗り越える
   達人養成塾 

のお知らせです。

博之さんにはこれまで、マネーセミナーなどをお願いしたりもしました。

ご本人はいたって温厚で淡々と仕事をされますが、
日本列島に住む人々が、ほんとうによい世界を作っていくために
文字通り命をかけている方です。
そのセミナーは全国各地で絶賛されています。

とにかくちょっと、以下のご案内を読んでみてください!

あと関連記事はこちら「夢としての神話と歴史」
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-219.html




★★「達人養成塾」6回シリーズご案内-------------------------------------

お待たせしました。鈴木博之と二子渉の共同主宰!
二年の準備期間を経て、満を持して開催します。(少しオーバー(^_^;))

日本と日本人は、なぜこうなってしまったのか?
博之さんとの連続講座 日本人の集合的な思い込みを解く…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

(日記)夢としての歴史と神話

 みなさん、こんにちは。ふたこです。 
 昨日のつぶやいていたことをちょっとまとめておきます。

 僕は昔、歴史の授業が好きではありませんでした。みなさん、歴史にどんなイメージを持っていますか。

 一般的に歴史っていうのは、神話みたいなものといえるのではないでしょうか。物事の成り立ち、今ある世界がこうである理由を、共有するためのストーリーだと思う。人間は「歴史」をそのように使ってきたと思います。

 戦前の日本でも(その歴史観がよかったかはともかく)、文字通り神話であり歴史であるものを共同体で共有しようとしましたよね。それは戦前の日本が特殊だったのではなくて、
(日記)夢としての歴史と神話…の続きを読む
別窓 | スピリチュアルガイド | コメント:2 | トラックバック:1
∧top | under∨

東京&札幌 遷延性意識障害、昏睡状態、植物状態の支援 コーマワークセミナー

こんにちは。ふたこです。

7/11プロセスワーク協会 第2回大会でコーマワークの発表があります。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-201.html

このときは1時間程度なので、うんと駆け足になりますが、8月、9月にコーマワークに関するセミナーをそれぞれ、東京、札幌で行なう予定です(希望が多ければ関西でも)。

ちなみに以前のワークショップの参加者さんが素敵な感想をブログに書いてくださっています。
http://blog.livedoor.jp/manotti1127/archives/51288917.html


以下、ご案内。

東京&札幌 遷延性意識障害、昏睡状態、植物状態の支援 コーマワークセミナー…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(日記)今日は七夕。なんで7月7日が?

今日は七夕です。
高尾は雨がざーざー降っています。

元科学者で男である僕は、元とってもロマンチストでした。すみません(なんか謝りたくなる)。

織り姫と彦星が1年に1度会える日が、なぜ7月7日だかご存じですか?

何年か前にそれを知って、うわー、そうだったのかー!!と感動したのでちょっとシェアします。


(日記)今日は七夕。なんで7月7日が?…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

(感想)イントゥ・ザ・ワイルド

去年でしたか、身近でちょっと話題になった映画を今更ながら見てみました。

「イントゥ・ザ・ワイルド」

90年代初頭にアメリカで実際にあった話を、たぶんかなり忠実に再現した映画です。

表面的な体裁を気にしている両親や、現代文明社会そのものにほとほと嫌気のさした優秀な若者が、行方をくらましアメリカ中を旅したあと、アラスカの原野で生活し、そこで息絶えた、という実話。




(感想)イントゥ・ザ・ワイルド…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。