風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

お薦め)森のアトリエ第2回 キニナルキ


前回大好評だった、森のアトリエ第2回が開催されます。

前回は遠く、北海道からも2人もの参加者がいらっしゃいました。

今回も僕も参加予定です。



3月28日(日) 高尾

第2回 森のアトリエ


「私達が本来存在している世界」とはどんなところなのでしょう
「私達が本来経験している世界」とはいったいどんな空間なのでしょう


普段生活している日常では多くの定義付けられた意味や用途に満ちていますが
本来私達は受けとらえ方、感じ方しだいで人の数ほどそれぞれの世界があって
あらゆる価値や感性に満ちた豊かな世界に存在しているようにに思います


森のアトリエは自然の中で、言語や判断になる以前の
ありありと感じたものを絵で表現してみようというワークショップです
どこかで後回しにしていた何気ない感覚に
お薦め)森のアトリエ第2回 キニナルキ…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | おすすめのイベント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

日米関係と大戦のトラウマ 大串幹夫さんとの対談 DAYAさんファシリテート

みなさん、こんにちは。

DAYAさんの企画で、プロセスワークの葛藤解決ファシリテーションをポートランドの大学院で学んだお二人と、コラボセッションを行いますのでお知らせします。

対談は午前午後の2部構成で、僕は午前中、大串幹夫さんと「日米関係と、大戦のトラウマ」というようなテーマで語り合います。

例えば日本列島に住む人の集合意識のようなものも、経験を積んで成熟していくのですよね。

豊かな自然の残っているアフリカでは「開発」や「経済的な豊かさ」が追求されたりして、僕らの目から見るとなんともったいないとか思ってしまう部分もあるのですが、それはその土地に住む人が文明化を経験してはじめてわかることなのかもしれない、というようなこと。

そういう意味では、日本に住む人々、日本の国家に属している人々の集合意識は「敗戦」ということを経験した。それも徹底的な破壊を伴う敗戦。

だから日本人は、かなり本格的に「戦争」というものに懲りることができたのではないでしょうか。

比較して海を挟んだお隣アメリカ合衆国に住む人々の集合意識は、日本のそれほどには戦争に懲りていないようにも思うのです。

僕らの集合意識は、その点に関しては世界の中でも成熟しているといえるのではないでしょうか。

とはいえ、その経験を糧にできているかというとまだまだ疑問です。

そんなことをあれこれ話せたらいいなと思っています。

その対談をファシリテートしてくれるのは、僕の盟友 DAYAさん。
DAYAさんについてはこちら http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-151.html

~~~~~

午後の部は、DAYAさんと幹夫さんがジェンダーについて語り合うのを、僕がファシリテートします。

この企画に込められたメッセージは、その対談の内容が1つと、もう1つあります。

それは、ワールドワークというものに僕らはどんなふうに取り組むことができるのか、どう取り組むと実りが多いのか、どんな関わり方だと危険なのか、そんなことも伝えたいと思います。

興味のある方は是非いらしてください!


-◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆-

プロセスワーク視点的対談#1

「ジブンの話。世界の話。」

~ワールドワーク。日米関係&ジェンダー~


-◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆--◆-



ワールドワーク。
それは、プロセス指向心理学の特徴的なワークの一つ。
何十人、何百人の人が、世界のことを共にワークする。
個々人の中の葛藤と世界の問題にはつながりがあるという考え方。
「場」という物理的なモノのもつ力や影響などを考慮したアプローチ。

日本でも、徐々にこのワールドワークが知られてきています。

プロセスワークを長年学び、実践的に活用している3人がワールドワーク@日本を考えるときに不可欠な大きなテーマを個人レベルで語ります。様々なテーマがワールドワークの中で考えられますが、それらは日常の私たちの個人レベルで起きている出来事ばかりです。
日米関係と大戦のトラウマ 大串幹夫さんとの対談 DAYAさんファシリテート…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(ご報告)対話の場、ネイティブの智慧を年の生活にどう活かす?

みなさん、こんにちは。
寒い日が続きますね。
高尾は雪で真っ白です。

さて、2月12日に行われた
立場を超えてひとと出会う対話の場★★
  テーマ『都市生活と自然との共生』

http://windshamanwf.blog34.fc2.com/

というイベントのご報告です。

これはコミュニティファシリテーション研究所が僕をゲストスピーカーに招いて行うという形だったのですが、まず僕が20分くらいテーマに沿った話をして、その後、小グループに分かれてそれぞれで対話する時間を持ち、そのメンバーをシャッフルして最終的に3回違うメンバーで対話する機会を持ちました。いわゆる「ワールドカフェ」方式です。

やってみて、これはとってもいい方法だなあと感じました。

以下、頂いた感想を紹介しながら少し振り返ってみます。


(ご報告)対話の場、ネイティブの智慧を年の生活にどう活かす?…の続きを読む
別窓 | 受講者の声 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

関東でネイティブアメリカンWS!

生きる力を呼び覚ます2泊3日 in 御前山【ちきゅぼー合宿】
「自分と人と地球とともに」


ネイティブアメリカンの智慧+プロセス指向のグループワーク
2010年3月20日(土)-22日(祝) 茨城県・御前山




なんのために生まれてきたんだろう?
なぜ人間は常に対立してしまうのだろう?
わたしは地球にとって無力なんだろうか?

そんな疑問が頭をよぎったことがあなたにもあるはずです。
そうだとしたら、この合宿はそんなあなたのためのものです。
関東でネイティブアメリカンWS!…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(ご報告)日本初演シベリウスのコンサートなど

concert01.jpg みなさん、こんばんは。
 先日、横浜のみなとみらいホールでUNIS室内楽団第一回コンサートを開催しました。おいでくださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。その後もなんだか怒濤の日々で、今日、やっと一段落しています。

 さて今回のコンサート、僕なりにいろいろな試みをしていたのですが、思った以上にそれが伝わっていたようで、嬉しい衝撃を受けています。

 個人的にお聞きした感想をいくつか紹介しながら振り返ってみます。
(ご報告)日本初演シベリウスのコンサートなど…の続きを読む
別窓 | コンサート/ライブ情報など | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

2/12夜【東京】対話の場、ネイティブの智慧を年の生活にどう活かす?

みなさん、こんにちは。
ふたこです。

高尾は先日の雪がまだまだ残っています。
昨日は晴れ間も見えたのですが、そんなときにはほんとうに東京らしからぬ美しい景色になります。

さて、コミュニティファシリテーション研究所のノリさんたちのお招きで、気軽に参加できるイベントを用意したのでご案内させてください。

今回、トピックとしてネイティブアメリカンの智慧と技について紹介したり、それを僕が現代文明の中での生活にどう活かしているのか、というようなこともお話できるといいなと思っています。

以下、コミュニティーファシリテーション研究所のウェブサイトより転載。
http://comfaci.com/24/20100212/



★★立場を超えてひとと出会う対話の場★★

テーマ『都市生活と自然との共生』


   ゲストスピーカー:ふたこわたる


2010年2月12日(金)19:00~21:20 東京都内・参加費1,500円



対話の場って何?

この『対話の場』は、様々な立場のゲストスピーカーをお招きしお話をしていただきます。そしてゲストスピーカーの話をきっかけにグループで対話をしながら、これからの暮らしの中で自分にできることを見つけていく時間となっています。

全体の進行役は、コミュニティ・ファシリテーターの廣水乃生さんです。ファシリテーターは、発言したいけどできない、と思っている人をサポートして発言しやすい場を創りだしたり、固定概念や過去の経験によって、対話にブレーキがかかった時に抵抗なく体験や思いを話せるように、スムーズに流れを対流させるサポートをします。


ゲストスピーカーとテーマ

今回のゲストスピーカーは心理学の枠を超えて人生のお手伝いをするカウンセラー、ふたこわたるさんにお越しいただきます。

ふたこさんは元ソーラーパネルを研究する科学者から、人のこころを扱うカウンセラーに転身。様々な心理相談・教育に応じるほかネイティブアメリカンの文化を伝えるワークショップなども行っており、3月には茨城県でネイティブアメリカンのワークと対話を行うワークショップを行います(詳細:http://comfaci.com/25/20100320/
2/12夜【東京】対話の場、ネイティブの智慧を年の生活にどう活かす?…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(受講者の声)共感性のコントロール ~エンパスのオフ

みなさん、こんにちは。
ふたこです。

1月23日に、
「敏感すぎるアンテナを、オフにする方法」 
 ~感情に振り回されない自分づくり~


というセミナーを行いました。

僕にとっては初の試みだったのですが、なんだか準備も楽しくなってしまって、盛りだくさんの内容でした。
これ、必要な方がいらしたらまたやりたいなあ。

で、今回、発起人/主催者となってくださった三好みどりさんから、感想を頂きましたので掲載させて頂きます。

三好さん、お世話係から感想まで、ほんとうにありがとうございました。



23日の土曜日、ふたこさんの「敏感なアンテナをオフにする方法」セミナーでした。

このセミナー、私が自分がエンパス(共感能力の高い人のこと)だったってことに気付いて、
そして、自分が今まで生きづらいと感じていたのはそのせいだったんだ、
このエンパシー(共感)の能力をオフにする方法を知りたい! と日記に書いていたのに
ふたこさんが応えてくださる形で始まったものでした。
(mixiのエンパス日記はこれ↓
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1323432437&owner_id=662732&org_id=1324191684


共感能力が高くて、人の気持ちをわがことのように感じてしまうので、
なかなか人との間にはっきりとした境界線を築くことができませんでした。

人の気持ちを感じすぎて(悲しみや、欲求や、こうありたいという気持ち)
そちらを優先しすぎて、自分自身の中が空っぽになっていくような感じでした。
ふりまわされて、エネルギーがカラカラになっている自分を感じていても、
それでも、他人をシャットアウトすることが出来ないのです。
(受講者の声)共感性のコントロール ~エンパスのオフ…の続きを読む
別窓 | 受講者の声 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

(日記)望んだ通りになっているなあ 静岡ツアー2

 リーディングセッションも、みなさん真摯に人生に取り組んでいらして、そういう方たちのサポートを僕らも全力でさせていただきました。それ自体、得がたいことだと思うのです。個性豊かで魅力的な方たちとお会いして、とても中身の詰まった時間を過ごす。それだけでなんと満たされることでしょう。
 
 僕らは正直言って、そんなに人の役に立ちたいという気持ちが強いわけでもなくて、人のために、といって頑張ったりはしないのですが、僕らの持っている物を発揮する機会はとても充実感を感じられるし、その結果、それが相手の人生の役に立つなら、そんなにありがたいことはないと思っています。
 
 「ベストパートナーと出会う、ベストパートナーと生きる」というトーク&ディナーは、おいしいベトナム料理屋で行なわれました。極太の生春巻をはじめ、おいしいものをたっぷりいただきつつ、パートナーシップについて、コミュニケーションについて、依存と自立について、みなさん食い入るように聞いてくださって、とってもおいしくて熱い時間をすごすことができました。
 
 静岡では初の試みである、お試しグループリーディングの時間も楽しくて意義深い時間だったなあと思います。
 
 

 こうして僕らは持っているものを存分に発揮させていただいて、その分の充実した収入もあって、それだけでももう、十分ありがたいのですが、それだけではありませんでした。
 
(日記)望んだ通りになっているなあ 静岡ツアー2…の続きを読む
別窓 | 大地に生きる | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

(ご報告)セミナー×リーディング=∞ 静岡ツアー1

 昨年末くらいから、僕は自分が望んだ状態を既に手に入れていたと気付いた、というようなことを何度か書いていますが、ここ数日間、まさにそうだなあと思えるような日々でした。
 
 1月28日の晩から、かねてよりお世話になっている静岡ツアーに華代さんと一緒に行ってきました。
 
 今回の滞在はほぼ丸3日間で、「自分の使命を自力で見つけ、歩き出す」(札幌の時の案内はこれhttp://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-154.html)というこのところ力を入れているセミナーを初め、リーディングセッションも満席でキャンセル待ち状態など、大盛況でした。
 
 セミナーとセッションの両方を受けてくださった方は、これまでの例にもれずほんとうに人生を前向きに捉えていこうとされていて、この3日間だけでもものすごくプロセスが進んでしまったということが、お話を聞いていてよくわかりました。これまでの人生で、最大のピンチといえるような状況の方も何人もいらっしゃったのですが、気持ちや認識がはっきりと変化したことを自分で感じ取り、具体的な行動も変化した。それは生きる力が現れてくるという、ほんとうに大きなことだと思うのです。



 例によってこのセミナーは、僕のセミナーにしては珍しく、泣いてしまう人が続出したのですが、それは自分の中の本当のネットワーク外に気付くことができたり、自分の気持ちを本当に大切にできたりしたからなのではないかと思います。
 
 いただいた感想を少し紹介させていただきます。
 
 「ワークを進めていって驚いたのは、自分は「ああ、父みたいになりたかったんだ」と気付いたことだった。父を尊敬していたことに気付くことができたことが一番大きかった。」

 「自分勝手に生きることと、自分らしく生きることの違いが分かった。それはは別のことだということがはっきりわかった。」
 
 「自分の気持ち、自分のことを大切にしていいということがわかった。お風呂に入るときに自分の体を愛情をかけて洗ってあげたいと思った。」

 「自分らしく生きると、本当に世の中がよくなるんだと、とってもよくわかった。」

などなど。

 とても味わい深いと思いませんか。
 僕も本当に伝えたいことが体験を通して伝わったんだなと感じることができて、とてもとても嬉しかったのでした。

 つづく。
 
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
風使いの小屋 今後の予定


・ゴールデンウィーク
 ネイティブアメリカンワークショップ in 関西?

・3/20-22茨城  生きる力を呼び覚ます2泊3日 in 御前山【ちきゅぼー合宿】
「自分と人と地球とともに」
 ネイティブアメリカンの智慧+プロセス指向のグループワーク
 http://comfaci.com/25/20100320/

・2010年2月18日(木)から原則第3木曜 都内
 クローズドグループ「戦士の道」 
 自分のミッションを知り、それを達成するために必要な心を解放する技術を身につける。
 
・2010年2月13日(土)★3部構成・東京都内
 ファシリテーター目線で学ぶ
  プロセス指向のグループワークセミナー
 「持続可能なコミュニティってどんなん?」
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-167.html

・2010年2月10日(水) 室内楽コンサート
 シベリウスの日本初演曲を含んだコンサート 於 みなとみらい
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-171.html
別窓 | 受講者の声 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。