風使いの小屋 ブログ版

風使いの小屋からあなたへ

ホームページ 風使いの小屋 個人セッション セミナー情報 受講者、お客様の声
セミナー、講演などのご依頼 おすすめ情報 未来生活体験情報 カウンセラー養成講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

1/23 ブレーキはなんのためにある?

ホンダの創業者、本田宗一郎はかつて、
「ブレーキはなんのためにあるか」という質問に対して、
「速く走るため」と答えたそうです。

僕らが自分の感覚を開き、感性を研ぎ澄ませていくときには、
優れたエンジンだけでなく、優れたブレーキを必要とします。

優れたブレーキというのは、効きがいいというだけでなく、繊細にコントロールが効くということです。

今週末のセミナーでは感性のコントロール技術について概観するレクチャーに加え、グラウンディングの技術、自他の境界線を引く技術、普段のことばの使い方によって感性をコントロールする技術などふんだんにお伝えする予定です。

まだ席に余裕がありますので、是非おいでください!

以下、案内を転載します。


=============================
2010年1月23日 東京セミナー

「敏感すぎるアンテナを、オフにする方法」 
 ~感情に振り回されない自分づくり~

=============================


時代はKY(空気が読めない人)に厳しいようですが、
逆に、人の気持ちが敏感にわかりすぎて辛い、ということがありませんか?

人が多いところでは、その念のようなものにあてられて
気分が悪くなってしまう、そんなことはありませんか?

これは、そんなあなたのためのワークショップです。

高感度のマイクのように、人の感情を拾いすぎてしまう。
相手が心の底の底の方で、小さな声でつぶやいたような、
その人自身が気づいていないような心の漣を、敏感に察してしまって、
1/23 ブレーキはなんのためにある?…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

コンサートやります!シベリウスは日本初演かも。

みなさん、こんばんは。

2月10日に横浜みなとみらい小ホールでコンサートを行います。
http://www.classic-concert.jp/concert/condetail.asp?code=1000003620

しばらくオーケストラでの演奏がメインでしたが、久しぶりに室内楽です。
すてきな夕べを一緒に過ごしませんか?



2010年02月10日(水曜日)19時00分 開演
チケット 全席自由 3000円

曲目は、とりあえず僕が参加するのは以下の3曲。

・シベリウス作曲 ノクターン(「ベルシャザールの饗宴」より)

 これはピアノの伴奏による、ヴァイオリンメインの曲。
 ノクターンというのは夜想曲、なんてふうに訳されます。シベリウスらしい透明感と仄暗さがありつつ、とっても美しくて情熱的ですらあるメロディが特徴の曲です。誰が聴いてもいい曲だなと思っちゃいそうな曲です。これを聴くと、もっとシベリウスを聴きたくなるはずです。はい。

 ちなみに伴奏は、リンク先には書いていない寺内めぐみさんという方です。はじめて合わせの練習をしたときに、彼女の伴奏能力のすばらしさに僕は感動してしまいました。なので勝手に「これはいいコンビだ!」と思い込んでいます。こういうときはいい演奏が生まれるものだと期待したいです(笑)。



・シベリウス作曲 無伴奏ヴァイオリンのためのロマンス ト長調

 これはたぶん日本初演なんじゃないかと思うのですが、間違っていたら教えてください。

 作品番号もついていないし、ほんとうに無伴奏の曲として作られたのか、伴奏パートがどっかいってしまったのかもわからない遺作です。録音も世界に1種類しかありませんし、楽譜は出版されていません。つまりその録音から僕自身が耳コピで譜面を起こして演奏します!!
コンサートやります!シベリウスは日本初演かも。…の続きを読む
別窓 | コンサート/ライブ情報など | コメント:7 | トラックバック:0
∧top | under∨

(ことば)敏感さ、自分の境界線、ことば

みなさん、こんばんは。
ふたこです。

最近、いろいろと探求中というか、整理中というか、そんなモードです。

こんど1月23日に、
「敏感すぎるアンテナを、オフにする方法」 
~感情に振り回されない自分づくり~

http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-161.html
というワークショップをやるわけなのですが、昨日、人と話していてちょうどいい例があったので、ご紹介しようかと思います。

僕らは使っていることばによって、自分自身の世界の在り方を決めてしまっているというのは常々僕が書いていることではありますが、相手に巻き込まれるような体験をしているときには、ほとんどの場合、まさにことばの使い方によってまきこまれてしまっています。逆に、ことばの使い方によってその障害を軽減できます。

(ことば)敏感さ、自分の境界線、ことば…の続きを読む
別窓 | スピリチュアルガイド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

09年振り返りの続き 神話の力の話

こんにちは。ふたこです。
高尾は毎朝氷点下で、地面が粉砂糖を振りかけたみたいに白くなって、寒くて美しい季節です。

さて先日、人々の集団が持つ、神話の力の話を書きました。
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-166.html

友人から「その可能性と危険性について。 どうして、それに惹かれるの?」というご質問を頂きました。

で、もうちょっと書いてみます。

 まず一番衝撃的だったエピソードを一つ。
09年振り返りの続き 神話の力の話…の続きを読む
別窓 | スピリチュアルガイド | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

(おすすめ)1/27 高尾「自分の体と対話する時間」 by 前田恵美

みなさん、こんばんは。
おすすめのイベント情報です。

今回、セミナーと施術をされる前田さんは、僕と華代さんの個人セッションを継続的に受けてくださっている方で、自分の直観とつながりながら自分自身の道を進む術を、この数ヶ月でマスターしてしまった才能溢れるボディーワーカーです。

今、ものすごい勢いで、ボディーワークと精神的な技術の腕を上げているところですが、僕らもその施術を受けて、すでに高いレベルにいると信頼しています。

今回、札幌からいらっしゃるということで、滅多にないチャンスです。ピンと来た方は是非いらしてください。

ちなみにこのイベントはミッションへの歩みコース(http://servelle.main.jp/kayo/03/)を受けられた方の中でとくに豊かな才能を持つ方を対象にして僕らが全面的にサポートしていくプロジェクトの一環です。



1/27 東京(高尾)
自分の体と対話する時間を持ちませんか

~内なるひかりに出逢える
  セルフケア講座と、経絡リンパケア個人施術~




人生や生活を見直して、自然界のリズムや法則を知り、
健康になることとはどの様なことでしょうか?

この機会に、ご自身の人生やライフスタイルを見直してみませんか?

私は、施術の師の教えと私自身の体験から、
自然界と調和、一体となることが真の健康に近づくことと感じています。

たとえて言うなら…
無の時間を持つこと。
今ここをこころから感じられること…。

そうしたことを通して自然のリズムと調和を築けるようになって、
自然と自律神経のバランスも整い、
心身共に穏やかで平和な状態を味わえるようになります。

ゆらぎ、呼吸などを含めた皮膚からの健康、予防医学、
自然のゆらぎ、自然界エネルギーを利用したリンパケアの内容は、
私が施術の中でとても大切にしていることです。

このたび、こうした心身の平和な状態を味わう方法を、
(おすすめ)1/27 高尾「自分の体と対話する時間」 by 前田恵美…の続きを読む
別窓 | おすすめのイベント | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

2/13【東京】グループワーク「持続可能なコミュニティってどんなん?」

みなさん、こんにちは。
ふたこです。

昨年11月に大好評だった、廣水乃生(プロセスワーク協会会長)とのプロセス指向のグループワークセミナー、リクエストにお答えして再度開催します!

持続可能なコミュニティづくりという試みは、この数年でも大きな広がりを見せていますが、これまでそうした試みはしばしば、人間関係の持続可能性が達成できずに空中分解する例も少なくありませんでした。

今回は、そうした人間関係の持続可能性の鍵であるグループファシリテーションを、持続可能なコミュニティということをトピックに学ぶ機会になります。

ファシリテーションに興味のある方も、持続可能社会や持続可能なコミュニティづくりに興味がある方も、是非いらしてください!

以下、http://comfaci.com/24/100213/より転載




2010年2月13日(土)★3部構成・東京都内

ファシリテーター目線で学ぶ
 プロセス指向のグループワークセミナー
「持続可能なコミュニティってどんなん?」


* 13:30~14:45 第1部How To グループワーク: 参加費3000円
* 15:00~17:45 第2部グループワーク: 参加費6000円
* 18:00~19:15 第3部スーパーバイズ: 参加費4000円(第2部参加者対象)
★通し参加割引:11,000円 ★リピーター割引:1,000円引き


セミナー概要

ユング派のアーノルド・ミンデルが提唱したプロセス指向心理学(プロセスワーク)のグループワークは、「オープンフォーラム」や「ワールドワーク」という形で社会問題の心理的な側面に取り組む強力なツールとして知られてきました。

そのプロセス指向のグループワークで、「持続可能なコミュニティってどんなん?」というテーマをめぐって、皆で協力し、場にある声に気付いていくきづいていく流れを探究します。持続可能ってなに?コミュニティっていいの?ひとりじゃだめなの?など、世界の縮図のようなグループワークの場で語り合ってみませんか。
2/13【東京】グループワーク「持続可能なコミュニティってどんなん?」…の続きを読む
別窓 | セミナー・ワークショップ予定 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

「神話の力」 新年のご挨拶に代えて

みなさん、こんばんは。

昨年はどんな一年でしたか?
どんな新年を迎えていますか?
ことしはどんなふうに生きようと思っていらっしゃいますでしょうか。

僕はまた、ほんとうに多くの方に支えられてきたなあと感じています。

年末、さいごの2週間くらいで自分の現在位置に関して、いろいろなことに気づくことが出来ました。
それは言い換えると昨年までに、僕はなにか重要な準備を完了したような、そんな感覚をもたらす気づきでした。

そんなわけで今年はおそらく、けっこう大きくプロセスが進む年になると思います。



僕は今後、これまで以上に、たましいのこと、をやっていくという確信があります。
そして、ますます「救済」「癒し」的でなく、創造的な方向というか分野というかだと思うのです。

そしてたましいに関する領域は、ほんとうに扱いが難しい部分がある。
立ち居地に関して気づいたことの1つをちょっと書いてみます。

僕は、思った以上に「たましいのこと」に関していろいろな文化圏の人とかかわっているようだと今は考えています。その文化ごとにそこに所属している人達に強力な影響を与えている「神話」のようなものがあるのがみえるのですが、僕はその文化圏の境界線上にいることがよくあります。

その神話の力は、その神話の世界にどっぷり入っている人には「世界は本質的にそのように出来ている」と信じるしかないほどリアルな影響を及ぼしている。信じ込んでいることで、その人(たち)にとっての世界はそのような成り立ちになる。でも境界線上にいる僕には、そこまでの影響力は無い。もちろんその神話をわざわざ否定する理由もない。

そのことをはじめは僕は、ちょっと仲間に入れてもらえないような寂しさとともに感じていたのですが、今は客観的な視点を保ちつついろいろな文化とかかわれるという恵みだと思えるようになってきました。

そういうさまざまな文化を渡り歩ける、その分、いろいろな人と交流できる、というのがまずは僕に与えられた特権なのでしょう。僕から見ると独特なものに見えるいろいろな文化圏の中に、仲のいい友人がたくさんいます。

一方、本当に観察ということをしっかりする人は、多分、そういった神話の世界に参加するのは苦手と言うか、神話に取り込まれないでいられるというか、そういう位置に立つことになる。僕はどうやら観察ということに関して、人並みはずれた資質を持っているようなのです。

だからいろんな文化圏をかなり近くから観察することで、信じることの力について、神話の影響力について、僕はもう少し研究をつむことが出来ると思います。

そこにある秘密をもう少しうまく僕がつかめたら、地球規模で人々と連携して新しい神話の力を発動させることも、もしかしたらできるかもしれない。

それは僕の持っている資質を大いに生かす道でもあると思うのです。

そんなことをひとつ、大きなテーマにしていこうと思います。



なんだか大きな話になりましたが、別のことも書いておこうと思います。

さっきの話は底のほうに流れる一貫性のようなものでしたが、こんどはもうちょっと表面的な話。
もしかしたら底流とは関係ないかもしれないし、それでいいと思うのですが、今年できたらいいなと思っていることがいくつかあります。

1つは本を書くこと(あー書いちゃった)、1つは唄をつくること、1つは音楽をしっかり聴ける自然の豊かな場所に住むこと。

あと、これはできたらいいなと思うというよりは、うまい方法が見つかるといいなということがありまして、それは、昨年にわかに現れだした弟子志望という人達に適切な環境を用意すること。

そんな訳で、いろいろと面白そうな年になりそうです。
ご支援・ご協力をよろしくお願いします。

そしてみんなで実り多い一年にしていきましょう。


「神話の力」 新年のご挨拶に代えて…の続きを読む
別窓 | ご挨拶、その他 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 風使いの小屋 ブログ版 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。